結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 「新築買ったの?」と聞かれるたびにニンマリ?!

みんなの住まい事情
体験談

「新築買ったの?」と聞かれるたびにニンマリ?!

最近気になるリノベーションマンション。新築マンションや普通の中古マンションではなく、どうしてリノベーションマンションを選んだの?リノベーションマンションの購入を経験した先輩たちの体験とアドバイスをご紹介します。
今回のリノベーション体験談は「「新築買ったの?」と聞かれるたびにニンマリ?!」です。

<今回のリノベ先輩>
20代前半以下 女性
購入エリア:兵庫県神戸市
検討住戸:新築マンション
築30~34年 リノベ済みマンションを購入

耐震補強されたことにも満足
外装も内装もとてもキレイな物件にも関わらず、価格を提示されてその安さに驚き、リノベーションマンションに興味を持ちました。築30年以上だったので、耐震性などが不安でしたが、不動産の方からいろいろ話を聞いたり、自分でも調べた上で最後は納得して購入しました。決め手はずばり安さです。見た目は築浅マンションと言われても誰も疑わないくらいなのに、本当に格安で手に入れることができました。神戸市内にある物件なのですが、20年前の阪神淡路大震災も乗り越えてきた強固な建物で、そのときよりさらに耐震強度が補強されていると知り、それでこの価格というのはすばらしいと思いました。
室内だけでなく外壁もリノベーション済み
リノベーション前の状況は詳しくわかりませんが、大きくは耐震性の強化、間取りの変更、隣の部屋との防音を強化したと聞きました。キッチンやバスルームなどの水回りもリノベーションの際に一新しています。また、外壁を神戸の街並みに合うようにおしゃれに作り直したそうです。
好立地に格安で買えたことが大成功!
こんなにも好立地に考えられないような安さで住むことができたのは、成功だったと感じています。外観も街並みに合わせてキレイにリノベーションされたので、友人の多くから「新築物件なの?」と聞かれたときには、リノベーション物件にして良かったと思いました。
一方で、築年数の経っている建物なのは事実なので、エレベーターがついていなかったりと不便を感じることもあります。また、地元の人などは昔のマンションの状態を知っているので、それを聞かされたときは少し恥ずかしく思いました。
リノベ前をよく知ることも大切
本当にその価格に見合ったものかよく検討することをおススメします。物件によっては良い立地のマンションを格安で購入できると思いますが、リノベーション前の間取りをそのまま利用している場合などは使い勝手に不便を感じることが出てくるかもしれません。内覧の際には、どこをどのようにリノベーションしたのか説明をよく聞くことが大切だと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録