結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その121

みんなの住まい事情
体験談

体験談その121

いずれは新築戸建の思いがあり、売却しやすい物件と考えた。

体験談その121

h***さん 30代前半 男性 を購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
地元の大手不動産会社へ情報提供を求めた。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
当時は共働きであった為、沿線の駅であることや、駅から近いこと、子供が出来た際には、学校や保育園などが近いこと。部屋を内覧した際に、日当たりがよく綺麗に使われていたことから決定した。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
マンションであることから、共有部分の管理手間がない。また購入時のローン審査において、大手不動産会社であったことから、特に手間なくローン審査を受けることができた。
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
子供が増え、若干間取りが足りないということが、おきないよう、夫婦で将来像を良く話して購入するべきだった。今思えることは新築戸建てを視野に入れるのであれば、マンションを賃貸で数年過ごし、新築戸建てを購入すべきだった。マンションの残債がネックになる。
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
戸建てを検討すのであれば、地勢を見ておきたい。傾斜地や盛土でないか、盛土であれば、どのような土が入っているのか。をリサーチする。開発前の航空写真(国土地理院のHPで閲覧可能)で地勢が昔、田んぼのような軟弱地盤でないか、大量の盛土によって作られた宅造地でないか確認する。
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
物件以外にかかる諸費用や本体価格以外の費用(中古であればリフォーム費用)についてもよく検討する。融資をうける銀行も不動産会社任せではなく、自分で勉強し銀行のサービスも検討する必要がある。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録