結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その125

みんなの住まい事情
体験談

体験談その125

二人である程度余裕を持って住む広さを考えると、賃貸でもそれなりの金額になります。どうせ捨てる家賃を払い続けるくらいなら、多少がんばってでも後に残るもののためにお金を払う方が無駄がないと考えました。

体験談その125

d***さん 30代前半 女性 新築マンションを購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
SUUMO、東急リバブルなどの不動産サイト。相場の比較などの参考にするためによく見ていました。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
都心と郊外の程よく中間くらいの立地で駅チカ、かつ間取りが理想的だったこと。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
当初は「こんなに広くなくてもいいかな」と思っていた間取りですが、実際二人分の荷物を入れてみると予想よりだいぶ幅を取ったので、今後のことも考えると広めの部屋にしておいて本当に良かったと思いました。
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
駐車場の位置が1階の部屋ベランダのすぐ脇なので、そのお部屋の方が窓を開けていると双方何となく気まずくなること。購入時点でまだ未完成で、イメージ図と実際がちょっと違ったのが原因です。どうしようもないことですが、もっとその都度詰めて聞いていれば別の場所に移してもらっていたかも知れません。
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
もともと完成前の状態での購入には少しバクチ的な怖さはあったのですが、やはり新築でもちゃんと建ってから、実物をじっくり見て決める方がいいです。一見大きくイメージ図とかけ離れることはないにしても、多少の違いで意外な不便が生じていたりするので、一生住むと考えると些細なことでもバカに出来ません。
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
住んで生活している時のことをなるべく具体的にイメージして決めること。いま気になっているポイントは年を取っても同じように気になるか、いま見えてなくても後から出てくる懸念点はないか、とにかく大きな買い物で大抵の人にとっては一生ものなので、シミュレーションを大事にするといいと思います。ぱっと見手頃でいいなと思っても、慌てて飛びつけば後できっと後悔します。 わたしは旦那さんと自分、そして将来授かるかも知れない子供の生活スタイルをだいぶ先まで予測して、過不足のないようにと意識して考えて購入し、結果非常に満足しています。人生なんてなかなか予測通りにはいきませんが、せっかくのスタートですから妥協せずに決めた方が気持ちいいですよ!

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録