結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その152

みんなの住まい事情
体験談

体験談その152

結婚時、主人の実家近辺で新居を探したのですが、賃貸よりも持ち家がいいという主人たちの意向がありました。 土地柄、一軒家は手が届かず、また、主人の実家の近くには新築マンションがなかったので、中古マンションを探しました。

体験談その152

l***さん 30代前半 女性 を購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
Yahoo!不動産のような検索サービスを利用し(サイト名は忘れました)、主人の実家から徒歩圏内のマンションを探していました。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
主人の実家からも最寄り駅からも徒歩10分という立地です。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
共働きだったのでわりと駅から近かったことと、浴室乾燥機がついてたことは助かりました。
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
子どもができることを考えて面積の広く部屋数の多い間取りを選んだのですが、しばらく子供が生まれなかったので部屋数を持て余しました。固定資産税が、実際使っているスペースに対してすごく高かったです。
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
間取りや立地ももちろんですが、管理費が高くなりそうな共有施設がないか、後々修繕費が高くなるような施設がついていないか(機械式駐車場やディスポーザー等)という点を重視します。 新築マンションは住んでみないと建物の躯体の質がわからないので、築浅の中古マンションをターゲットに、自分が欲しい設備(浴室乾燥機と食洗器)がついている物件を、不動産サイトで探すと思います。
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
結婚を機に新居を探すときには、この先数年程度の見通しで必要な部屋数や設備を探すといいと思います。 部屋数や広さが家族の人数に合わなければ、無駄に固定資産税を払うことになるし、維持も大変です。 共働きなら食器洗浄機はついていた方がいいし、24時間ゴミ捨てOKのゴミ捨て場があると便利です。 長く住みたい!より、必要な設備があるかを重視するといいと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録