結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 天気によって物件の印象が全然違う!!

みんなの住まい事情
体験談

天気によって物件の印象が全然違う!!

物件の見学に行く際に見落としがちなのが、その日の天候が物件に与えるイメージ。実は雨の日に見た物件は、晴れの日に見た物件に比べて印象が悪くなりやすいのです。雨の日、晴れの日で道の歩きやすさも変わります。

天気によって物件の印象が全然違う!!

天気に左右されない物件選びのコツ

m***さん 30代前半女性 中古マンションを購入

■雨の日の物件見学は要注意
気に入った物件を見つけたらとにかく内覧!という事で売主さんのご自宅にお邪魔する訳ですが、相手様の都合もあるので、通常は何日か前にいつ訪問するかをお約束しますよね。ただ、せっかくの物件見学の日が雨にあたった日は要注意。雨の日に訪れる物件は晴れの日に訪れる物件に比べて、どうしても見劣りしてしまうもの。そのためできれば、内覧時に晴れている日も見学したい旨先に相談しておくのがベスト。ちょっとピンとこなかったなと思っても、よっぽどNGな物件ではない限り、晴れの日にも見ておくことをおすすめします。
■私の逃した物件とは…
私がその物件を見学したのは、とある雨の日のこと。築20年程の管理の行き届いたマンションで、また間取りも好みの物件でした。一点懸念していたのが日当たり。3F部分ではあったものの、目の前の建物との間隔が狭く、その日に訪問した印象も「やっぱり暗いなぁ…」。台所や水周りなど、その他のチェックポイントは全く不満がなかっただけに、その点が妙にひっかかってしまいます。
不動産屋の営業さんから聞いたところ、売主さんは同じ棟内の別のお部屋に住み替えという事で、なるべく早くの売却を希望し、公開価格から数百万円ディスカウントも相談可とのこと。ただ私はどうしても日当たりが気になり即決できず、もう一度見学に行くことにしました。
■晴れた日にいってみると…
そして2回目の見学日。あれほど気になっていた日当たりが、晴れている日だと全く気にならない事にびっくり。ちょっと古くさいかなと思っていた共用部分も、晴れの日だと日差し効果で印象がだいぶ違います。ターミナル駅から徒歩圏内で広さの割に格安という事もあり、2回目の見学を得て、まずはローンの仮審査を申し込み、その結果でどうするか決めることにしました。
が…残念ながら即決する買主さんが現れ、私の仮ローン審査は無駄に。。。聞くと買主さんは晴れの日に見学され、日当たりの良さが決め手で即決することにしたそうです。
■雨の日の見学で注意すること
日当たりと共用設備部分の印象は雨の日だと参考にならない事が多いです。そのためそこの部分が物件を購入するにあたってひっかかるポイントなのであれば、なるべく近い日付で、晴れの日にももう一度、見学させてもらうことをおすすめします。
私のように、雨の日にみたばかりに…と後から後悔することがないようにしてくださいね!

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録