結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 気になる病気特集 > 2015年のインフルエンザの特徴を知る

気になる病気特集

2015年のインフルエンザの特徴を知る

こんにちは、にこです。

そろそろ寒さも厳しくなってきましたね。毎年冬には風邪などで体調を崩す方が多くなります。今回から5回に分けて、冬にかかりやすい病気についての知識や予防策について解説していきます。

この冬 気になる病気の知識と予防策~その1 インフルエンザ

2015年のインフルエンザの特徴とは?

インフルエンザの基礎知識

第1回から第3回では、皆さんおなじみのインフルエンザについて取り上げます。

今回はインフルエンザの基礎知識について、第2回目はインフルエンザの治療と家庭でできる予防策について、第3回目はインフルエンザワクチンについてです。
■インフルエンザって、どんな病気?
インフルエンザは、「インフルエンザウイルス」に感染することによって生じるウイルス感染症です。普通の風邪と間違えやすいのですが、インフルエンザの場合はウイルスに感染してから1~3日の潜伏期の後、急に38℃を超える高い熱が出て、頭痛や関節痛・筋肉痛、全身のだるさなど全身の症状が現れます。それからやや遅れて咳や鼻水、のどの痛みなどの呼吸器症状が出ることもあります。通常は激しい症状が1週間程度続いた後、特別な治療をしなくても自然に回復します。しかし中には重篤な気管支炎や肺炎、脳症を合併し、死に至ることがあります。特に乳幼児や高齢者、心不全・糖尿病などの持病がある方は注意が必要です。非常に伝染力の強い病気であり、学校や職場で集団感染を起こし、学級・学校閉鎖になることもまれではありません。
■インフルエンザウイルスの種類について知ろう。
インフルエンザウイルスには、いくつかの型があります。現在までに人に感染することが知られているのはA、B、Cの3つの型です。このうち毎年大流行を起こすのは、主にA型インフルエンザウイルスです。

A型はウイルス表面に出ている突起、ヘマグルチニン(HA)16種類とノイラミニダーゼ(NA)9種類の組み合わせの違いによって、いくつかの亜型に分かれています。有名なのはA/H1N1型(Aソ連型)、A/H2N2(Aアジア型)、A/H3N2(A香港型)などです。突起は少しずつ形を変える「変異」を起こすことがあります。A型は特にウイルスの変異が起こりやすく、症状が重篤になりやすいことで知られています。

数年前に大流行した新型インフルエンザはA/H1N1亜型と呼ばれる新しい変異体のウイルスが原因であり、人類が誰も免疫を持っていなかったことから世界的な大流行(パンデミック)を引き起こしました。

B型は比較的ウイルスが変異しにくく、流行も限定的なことが多いです。

C型はAおよびB型とは性質が異なっており、症状も軽く、普通の風邪とほぼ同様の経過

をたどります。
■Profile
にこ先生

1999年 某大学医学部卒業、医師免許取得 大学病院勤務
2000年 某大学大学院医学研究科入学、同年長男を出産
2004年 大学院修了、医学博士号取得
その後、民間病院勤務を経て
2013年より某地方都市の市立病院内科に勤務、地域医療に携わる。
「健康寿命を延ばすこと」をテーマに診療および執筆活動を行う。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録