結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 気になる病気特集 > 冬に多い「ノロウイルス」の対策

気になる病気特集

冬に多い「ノロウイルス」の対策

こんにちは、にこです。
今回は、冬に多い病気として「ノロウイルス感染症」について取り上げたいと思います。

<この冬 気になる病気の知識と予防策~その5 ノロウイルス感染症>

ノロウイルスの特徴を知ろう

感染力の強い、強力なウイルス

■ノロウイルスって、どんなウイルス?
ノロウイルスは、急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一つです。世界で最初にノロウイルスの仕業だと認知されたのは、1968年アメリカのオハイオ州ノーウォークという街の小学校で集団発生した急性胃腸炎です。当初は発見した街にちなんで「ノーウォークウイルス」と呼ばれていましたが、ウイルスの形態や遺伝子の検索が進み、2002年の国際ウイルス学会で他のウイルスと区別され、「ノロウイルス」と正式に命名されました。

ウイルスとしては小さめであり、外側を覆うエンベロープ(外皮膜)を持たず、内部にプラス1本鎖RNAを持つという特徴があります。エンベロープを持たないウイルスは構造上頑丈であり、アルコールなどの消毒薬や除菌剤が効きにくいことで知られています。

ノロウイルスは多くの遺伝子型を持つこと、そして変異しやすいことで知られています。現時点では実験などで人工的にウイルスを増やすことができず、ウイルスを特定して検出することができません。
■「ノロウイルス感染症」の症状
ノロウイルスは、カキ・アサリ・シジミなどの2枚貝に多く含まれるといわれています。人間の体では小腸の粘膜にある上皮細胞にだけ感染し、増殖します。ロウイルスに感染すると、24~48時間で下痢・吐き気・嘔吐・腹痛・発熱などの症状が現れます。症状には個人差がありますが、突然激しい吐き気や水様性の下痢が生じます。時には激しい下痢によって脱水症状を引き起こすこともあります。症状は1~3日程度続きますが、ほとんどは後遺症などを残さずに治癒します。

ノロウイルスは、症状がなくなってからも便や吐しゃ物の中に存在します。長い場合は1ヵ月程度も便中のウイルスが消えないこともあります。通常の消毒の方法ではウイルスは死にません。数十個あれば感染が成立してしまうほど感染力が強いウイルスですので、感染後しばらくの間は特に念入りな対策が必要です。
■家庭でできる予防策
では、いったい家庭ではどのような予防策が取れるのでしょうか?

・ノロウイルス感染症と診断された場合
便や吐しゃ物には大量のウイルスが含まれています。他人への感染を防ぐため、手洗いとうがいを正しく行いましょう。

便や吐しゃ物が付いたものを洗うときには、効果があるといわれている次亜塩素酸ナトリウムを使いましょう。家庭では、次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤で代用できます。便や吐しゃ物が乾燥すると、ノロウイルスが空気中に飛び散って感染してしまいます。処理するときには、使い捨てのペーパーエプロンとマスクを着用してください。まずはペーパータオルなどで表面を覆い、そこに次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)を注ぎます。飛び散らないように静かにふき取り、床も次亜塩素酸ナトリウムでふき取りましょう。汚れたペーパータオルなどはビニール袋に入れ、その中にも次亜塩素酸ナトリウムを注ぎます。
汚れたリネン類は、高温の乾燥機にかけるとよいでしょう。

ドアノブなどについたウイルスなども感染の原因になりますので、触った可能性のある所は可能な範囲で次亜塩素酸ナトリウムでふき取り、さらに水拭きをします。
■ノロウイルス感染症にかからないために
外出から帰ったら、流水と石けんでしっかりと手を洗い、うがいを行いましょう。特に外出先でトイレを使用した際には、念入りに手を洗う必要があります。流行期である冬に生ものを食べるときには注意が必要です。カキなどを食べた後に下痢をした場合には、早期に診断し、次の方への感染を防ぐためにも速やかに病院を受診しましょう。
■Dr.Profile
* にこ先生
* 1999年 某大学医学部卒業、医師免許取得 大学病院勤務
* 2000年 某大学大学院医学研究科入学、同年長男を出産
* 2004年 大学院修了、医学博士号取得
* その後、民間病院勤務を経て
* 2013年より某地方都市の市立病院内科に勤務、地域医療に携わる。
* 「健康寿命を延ばすこと」をテーマに診療および執筆活動を行う。
*この記事はあくまでもにこ先生個人の見解によるものです。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録