結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 中古物件の情報はネットでゲット!

みんなの住まい事情
体験談

中古物件の情報はネットでゲット!

私がマンションを探していた頃のことです。不動産会社に出向いたときに条件を聞かれて、「それではご希望に合う物件が出たらすぐにご連絡しますね!」とよく言われていました。色々な案件をこまめに紹介してもらえるのはいいのですが、それに頼りきりも実はよくなかったんです。調べているうちに、不動産が売りに出される仕組みがわかってきたのです。

中古物件の情報はネットでゲット!

不動産が売り出されるふたつのパターン

y****さん 30代後半 女性 中古マンションを購入

■専任媒介契約と一般媒介契約?
不動産を売りに出す場合、売主の方は不動産会社と契約を交わす必要がありますが、実は契約には2種類あるということがわかりました。1つは専任媒介契約。「専任」という名のとおり、この契約を結ぶと、その不動産会社経由で売買を行う必要があります。もう1つが一般媒介契約で、これはどの不動産屋さんもその住宅の売買を行うことができるという契約です。一見色々な不動産会社で取り扱ってもらった方がよさそうに思えますが、聞いてみると実は専任媒介契約を結ぶ売主さんが意外と多いということです。
■専任媒介契約のメリットとは
特に人気のエリアのお手ごろなマンションというのは引き合いが殺到するので、複数の不動産会社と取引を行うと、売主さんの対応できるキャパシティを超えてしまう恐れがあるとか。また、不動産屋さんは専任媒介契約を結んだ案件を優先的に広告掲載するので、早く不動産の売却を行いたい売主さんは、専任媒介契約を希望することがあるそうです。そしてそのような事情がある物件こそ、買い手にとってはディスカウントの相談がしやすいんですね。そのため、1社の不動産会社に物件探しをお任せしてしまうと、その不動産会社が取り扱っていない専任媒介契約で売りに出されている物件を見逃してしまう恐れがあるのです。
■実はネットの情報が一番早いことも!
そうゆう私も何件も内見にご一緒いただいた不動産営業の方がいたのですが、結局決めた物件はネットで公開されていた別の不動産会社で、専任媒介契約で売りに出されていた物件でした。相場より数百万円安かったうえに、希望していたエリアの築浅物件は珍しかったため、私が購入を決めた後も、引き合いの連絡がすごかったそうです。専任媒介契約を結ぶような売り出し物件は、売主さんとの手続きがすみ次第、すぐにネットに情報が流れることが多いんです。そのため、こまめにネットをチェックすることで、物件の見逃しを防止することができますよ。
希望のエリア、間取り、条件を設定すると、条件に近い物件の通知をするようなサービスもあるので、是非定期的にチェックされることをおススメします。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録