結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > どこに住むかを決めた理由は、自治体のサービス!

みんなの住まい事情
体験談

どこに住むかを決めた理由は、自治体のサービス!

どのエリアに住むのがいいのか、なかなか決められなかった私。職場からのアクセスを重要視すると、東西南北に候補のエリアが広がってしまい、そのためたくさんの案件があってチェックしきれません。そこで考えたのが、自治体の特色を参考にしたエリアの絞り込み。調べてみると、自治体によってサービスにかなりの違いがあることがわかりました。

どこに住むかを決めた理由は、自治体のサービス!

リフォームの補助金がもらえる自治体もあるんです

I**** さん 20代後半 女性 中古マンションを購入

■保育所だけじゃない、自治体の子育て支援
自治体によるサービスの違いというと、保育所の数がよく話題に上がりますが、実はそれだけではないんです。出産や妊娠中のケアも自治体によって特色があります。私が調べた2015年の時点では、例えば渋谷区では1人につき10万円の一時金を支給するサービスがあったり、港区では里帰り出産をする方を対象に補助が出たり。三鷹市では、妊婦の方であれば無料で歯科検診を受けることができました。
■ゴミの収集、粗大ごみの回収も自治体によって違う!
ゴミの収集方法も自治体によって異なります。細かく分別しないと受け付けてくれない自治体がある一方で、大抵のものを燃えるゴミとして受け付けてくれる自治体もあります。また粗大ゴミの扱いにも違いがあって、自治体によっては無料で回収してくれるサービスがあります。
また、他にも提供されているサービスは様々で、例えば2015年11月時点で渋谷区では、期間が限定されているものの、区が指定した業者によるリフォームの場合、上限10万円という条件付きですが、なんとリフォーム費用の20%を補助してくれる制度があります。また、抽選で魚のさばき方教室なんていう無料のお料理教室が開催されています。そして、自転車と布団が通常は粗大ごみ扱いになるところが、リサイクルに力を入れている渋谷区では無料回収の対象に。それから、図書館の本がインターネットで予約できる便利なサービスもあります。知らなきゃ損なこと、いっぱいあります!
結局、私は自治体のサービス面で充実している渋谷区の物件を購入することにしました。各自治体のサービスはインターネットで提供されています。どのエリアに住むのがよいかわからない!と迷った際は、自治体のホームページを参考にしてみることをおススメします。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録