結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 断る勇気は大事です!

みんなの住まい事情
体験談

断る勇気は大事です!

予算オーバーの物件を見学したものの、モデルルームの見学時のアンケートで気楽に連絡先を伝えしてしまった私。でも、新築物件の営業の方は必死!あいまいな返事をしていると「購入可能性あり!」ということで、猛アタックを受けてしまうことがあります。

断る勇気は大事です!

思わぬ電話攻撃を受けないために

N****さん 20代後半 女性 中古マンションを購入

■新築の素敵なマンションへの夢はあるものの・・・
私がフラッと立ち寄ったのは、当時住んでいたところから徒歩5分程のマンションのモデルルーム。予算的に中古の物件を探していたものの、新築への憧れもあって、立ち寄ることにしました。普段見ている物件と比較すると、設備の新しさに感動! また多少のディスカウントも可能という営業担当の方の言葉に乗せられ、いったんローンの仮審査まではやっておくことになったのです。人気のある間取りで、他に具体的にお話を進められている方もいるという事だったので、いざというときにローンが通るか通らないかを調べておこうという程度の軽い気持ちだったのです。
■電話が止まりません・・・
数日後、ローンの仮審査が通ったとの連絡がありました。その頃にはモデルルーム見学直後の熱もすっかり覚め、やっぱり新築のマンションは高いなあという感想になってしまったので、ちょっと今回は決断できない、というような事を、担当の方にお伝えしました。その際は「分かりました」という事で終わったのですが、翌日にも連絡が。「200万円お安くできますがどうでしょうか?」と単刀直入に聞かれたものの、私の気持ちは変わりませんでした。ただその旨やんわりとお伝えしても「また後日お電話します!」と押し切られてしまい、そのやり取りは私が「絶対に買うことはありません。もう電話はご遠慮ください!」と言い切るまで続くことになりました。
■意思表示ははっきりと!
新築のマンションというのは、入居開始までに購入者が決まらないと、誰も住んでいないにも関わらず「中古マンション」という扱いになり、価値が大幅に下がるそうです。そのため、とにかく購入の可能性がある人には何度も連絡をするということはよくあるそう。嫌な思いをしないためには、「購入はしない」と決めた段階でその意思をはっきり示すことが必要だと感じました。私のようにやんわりと伝えるだけでは、「迷ってる」と受け止められてしまい、双方にとってよくない結果になる事があるので、ご注意くださいね。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録