結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 妥協しないでよかった台所

みんなの住まい事情
体験談

妥協しないでよかった台所

私がマンションに求める様々な条件の中で、譲れなかったのが台所。満足の行く台所がある物件を見つけるまでに見たマンションは、賃貸も含めて20以上! そんな私の台所に対するコダワリについてお話します。

妥協しないでよかった台所

やっと巡り合った理想のキッチン!

t*****さん 30代前半 女性 中古マンションを購入

■台所が広い家に引っ越したい!
私が今のマンションを購入する前に住んでいたマンションは、駅から1分の好立地でした。家賃の割に広さも申し分ありません。唯一の不満は台所。調理台のスペースがなく、2品並行して作るのがやっと。キッチンワゴンを置くようなスペースもありませんでした。それ以上調理する際は床に鍋を一時的に置いたりと悲惨な状況・・・。そのため料理するたびに広い台所への憧れが募っていったのです。
■今のマンションのキッチンに一目ぼれ!
とにかく台所が広い家に・・・と探していた中で、一目ぼれしたのが購入を決めたマンションの台所。カウンターキッチンになっているのですが、カウンター台がとにかく広い!半円状になっていて、リビング側に椅子を置けば、ちょっとしたカウンターテーブルとしての利用もOK。また、大きめの食器棚を置ける広さのスペースも確保されています。シンクも標準のものより一回り大きく、洗い物もバッチリ。唯一の難点は、備え付けの棚の高さで、一番上の段がスツールを使わないと物が取り出しづらいところですが、収納もそこそこあるので、今のところ大きな不満にはなっていません。
私にとってキッチンの使いやすさとは、作業ができるスペースが大きく確保されていることと、物が取り出しやすいところです。システムキッチンそのもののスペースはなかったとしても、キッチン台を置けるスペースがあればOK。物の取り出しやすさについては、食器棚などを置くことでカバーされるのであれば、台所そのものが狭くても問題ないかな、というのは色々な物件をみて気づいたところです。
■こだわりのポイントを満たす物件に出会うには?
120%満足がいくキッチンに出会えたおかげで、無事マンションの購入を決めることができました。ポイントはズバリ、納得できるものに出会うまで探すこと。私の場合は、毎週曜日を決めて、その週に新しく売りに出されたマンションをチェックしていたほか、複数の不動産屋さんに希望の条件を伝え、合致したものがあった際には連絡してもらうようにしていました。また内見に行ってがっかりしないように、間取り図からなんとなく使い勝手が想像できるようになったのも、何十軒も見に行った成果だと思います!
物件との出会いは一期一会。いざ、これ!と思った物件に出会った際に即決できるように、こまめに内見に行くのはおススメですよ。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録