結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 住宅ローン情報の決め手は、収集力!

みんなの住まい事情
体験談

住宅ローン情報の決め手は、収集力!

マンションを購入しようと思っていた私が初めにしたのは、物件を探しながらの住宅ローンの情報収集。これぞ!と思った物件があった時にスムーズに住宅ローンを申し込むため、あらかじめ下調べしておこうと思ったのです。おススメの住宅ローン情報の集め方についてお話します。

住宅ローン情報の決め手は、収集力!

住宅ローンの情報は、物件探しと同時に

y****さん 40代前半 女性 新築マンションを購入

■勤務先が提携しているローンを調べる
まず一番初めにやっておきたいのが、勤務先の提携ローンを調べることです。ご家族の方の職場も含めて、提携ローンがないかを調べておきましょう。ローンの種類によっては店頭で掲示される金利から更に0.5%も金利が安くなる!なんてこともあります。また会社によっては、自宅を購入する際は一定額を無利子で融資してくれる仕組みがある場合もあります。
こういったことは、自分から聞かないとなかなか耳に入らない情報です。会社の総務部などに、予め確認しておくことをおススメします。
■人気の住宅ローンに関する資料を集める
インターネットには、人気住宅ローンランキングのようなサイトが色々ありますので、事前に目を通し、気になるものについては予め資料を取り寄せておきます。住宅ローンの申し込みには口座開設がセットになっていることがほとんどです。銀行によっては予め口座が開設されている方は審査期間が短くすんだりしますので、ここぞと思う銀行があるようであれば、口座開設を先にやっておくとよいと思います。また銀行によっては、自分の年収でだいたいどれくらいの借り入れができるかの目安を教えてくれるので、調べておくのもいいのではないでしょうか。
■金利タイプを考える
最後に決めておくのが、金利タイプです。変動にするのか固定にするのか、これは今後金利が上昇すると考えるか、しばらくは変わらないまたは下がると考えるかによって変わってきます。変動金利を選ぶ場合は、金利が上昇した場合、月々の支払いがいくらになるかを予めシミュレーションしておくのがおすすめです。
■どこの銀行に借りるかの目星をつける
以上のことを検討しておけば、気に入った物件があった際、どこの銀行に借りるかの目星はだいたいつくと思います。私の場合は2社に絞り、物件の購入を決めたその日に仮審査の申し込みをすることができました。あらかじめ準備すると、そのあとの手続きがとっても楽ですよ。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録