結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 二世帯住宅建設を阻止成功!早めの行動がモノを言う

持ち家派の理由

二世帯住宅建設を阻止成功!早めの行動がモノを言う

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「二世帯住宅建設を阻止成功!早めの行動がモノを言う」です。

<今回の激白先輩>
30代 男性
購入検討エリア:愛知県知立市
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

同居は絶対イヤ
自分自身は賃貸でも良かったのですが、旦那が『賃貸はいくら払っても自分のものにはならないので、将来自分のものになる購入物件がどうしても良い』と言い張ったからです。また、近い将来、旦那の両親が二世帯住宅に旦那の実家を建て替えようと言い出すことがわかっていたので、言い出す前にマンションを購入してしまえば二世帯住宅建築の話はなくなるだろうという私の思惑もあり、賃貸ではなく購入を決断しました。
様々な条件が合致し理想のマンションを購入
特急電車が停まる駅から徒歩約5分。都心へのアクセスが良いこと、大手建設会社の物件であること、オール電化、宅配BOX、防犯カメラなどの設備が充実していること、マンションの駐車場が平面駐車場であること、購入価格がお手頃で将来完済できる見込みがあること、修理やリフォームなどのアフター保証が充実していること、物件の地盤が安定した土地であること、治安の良い場所に建つ物件であること…とたくさん自分好みの条件にあてはまる物件に出会えたことでしょうか。
日々の不満がマイホームへと心を向かわせた!
旦那の主人が親戚の新築二世帯を見て「うちも将来立て替えて二世帯にしたいねぇ」と言ったときには「絶対ありえない」と思いました。また隣や上の階の生活音が気になったときも、造りの頑丈な新築に引っ越したいと感じました。友人の家に遊びに行った時に設備は最新でしたが、古臭い賃貸物件だという感想を持ち、更に友人たちが食洗機や室内乾燥機の自慢をしてきたのに自分の家は付いておらず、嫉妬してしまいました。書店で素敵な住まいの物件の雑誌を見たときなど、賃貸ではなく最新式のマイホームを購入したいと思いました。
将来手放すことになった時も見越して条件の良い物件の購入を!
将来、もし手放すことになっても高く売れるので、駅から近く、都心へのアクセスが良い物件がいいです。修理やリフォームなどのアフター保証が充実している大手不動産会社が分譲した物件が買えるのであれば、なおいいと思います。オール電化、宅配BOX、防犯カメラなどの設備の充実(特に宅配BOXは思った以上に重宝しています)、車の出し入れが煩わしくない平面駐車場の物件(平面なら故障やメンテナンス費用もかかりません)、地盤、治安のことも考えて購入すると良いです。一つだけ失敗したなと思ったことは、共用部で縄跳びやスケボーをさせる非常識な家が隣人であるということです。(注意しても直りません)

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録