結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > ローンは貯蓄!?資産投資ととらえるべし!

持ち家派の理由

ローンは貯蓄!?資産投資ととらえるべし!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「ローンは貯蓄!?資産投資ととらえるべし!」です。

<今回の激白先輩>
20代 女性
購入検討エリア:愛知県豊橋市
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

ローン返済することで浪費も減って一石二鳥!
賃貸住宅に住むことはお金を捨てているという考えだからです。賃貸では、最終的に何か財産が残るわけではありません。私はコツコツと貯金できるタイプではないので、賃貸に住みながら、貯蓄をしていくことは難しいです。けれど、マンションを購入すれば、予めローンを差し引かれたお金で生活することになるので、浪費が減ります。ローンを完済すれば、土地建物は財産になるので、購入しようと思いました。
これ以上の立地条件はないとすぐに購入を決断!
購入の決め手は立地条件の良さです。田舎なので多くの地域は車なしでは生活できません。ですが、私は自分の運転技術に自信がありません。また、年老いてから周りに迷惑をかけるような運転をしたくありません。そこで車がなくても生活をできる場所を探していました。その中で一番私たちが住みたいと思っていた場所に新築のマンションが建つと耳にしました。この先、これ以上私たちの望む立地条件に合う物件は出ないと思ったので、すぐに購入を決断しました。
やんちゃな盛りの子供にはやっぱり一戸建て!?
子供が2歳のやんちゃな盛りで、家の中でも走り回ったり、飛び跳ねたりしたくてたまりません。どんなに防音対策をしていても集合住宅では下の階が気になり家で走ることを禁止しています。雨の日は外でも遊べずストレスになってしまうようで、イライラしたり泣いてしまうことがあります。そんな姿を見るたびに、マンションではなく一戸建てが欲しいなと思います。また、マンションは部屋が少し狭いのも苦手です。
条件分けをしっかりして理想のマイホームを手に入れよう。
まず理想の家について家族で話し合い、その後、絶対にクリアしたい条件とある程度妥協できる条件に分けました。妥協できる点については細かいところまで相談しました。こうすることで理想と現実をしっかりと認識し、何より条件が明確になっているので、条件に合った物件であれば、失敗する確率は低くなります。私たちはこの条件分けをしっかり行ったことで理想のマイホームが手に入りました。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録