結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > ゆくゆくは子供に資産として残してあげたい!

みんなの住まい事情
体験談

ゆくゆくは子供に資産として残してあげたい!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「ゆくゆくは子供に資産として残してあげたい!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:東京都江戸川区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

家賃を払い続けても結局何も残らない・・
賃貸は家賃を払い続けるだけで、結局は手元に何も残らないので、勿体ないと思うようになったことがきっかけです。マンションを購入すれば、、お金を払い続けても最終的には資産として残り、子供に残してあげることができるので、年齢的にもそろそろ持ち家にした方が良いと思い、購入を検討し始めました。そのタイミングでちょうど良い近所の物件の情報が入り、主人の転勤もなくなり、トントン拍子に購入という方向に進みました。
とにかく利便性が決め手!
とにかく利便性が決め手となりました。予算も勿論ありましたが、生涯で一番大きな買い物であり、ずっとそこで生活していくことになるので、妥協はしたくありませんでした。マンションだと家の中の間取りはだいたい同じようなものなので、後は自分たちの生活スタイルに合った物件かどうかが一番重要だと思います。また、ファミリータイプのマンションだと、自分たちと同じような家族構成が多く、暮らしやすいと思い選びました。
資産となるマイホームが欲しい
賃貸で家賃を毎月ただ支払うだけというのがどうしても勿体なく感じるようになりました。子供が生まれたこともあり、資産となるマイホームが欲しいと思うようになりました。住んでいた賃貸の家は買い物や駅までも遠く利便性があまり良くありませんでした。また東日本大震災を機に窓枠のゆがみや隙間風を感じるようになったので、しっかりと施工された家に住みたいと強く思うようになり、マイホーム購入を本格的に考えるようになりました。
ここだけは譲れないというポイントを持つこと。
マンション購入を検討する際は、とにかく利便性を重視し、ここだけは譲れないというポイントをもっているといいです。例えば、我が家の場合は小さい子供がいるので近くに小児科があること、学校にも通いやすいこと、女の子がいるので将来的なことを考えて駅が近いことを条件としていました。その結果、予算より高い物件を購入しましたが、月々の支払いに換算するとさほどの金額にならないので、少し頑張ってもこの家に決めて良かったと思いました。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録