結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 築30年の社宅は隙間風やお風呂のカビがストレスに・・

持ち家派の理由

築30年の社宅は隙間風やお風呂のカビがストレスに・・

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「築30年の社宅は隙間風やお風呂のカビがストレスに・・」です。

<今回の激白先輩>
20代 男性
購入検討エリア:千葉県柏市
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

住宅ローンの金利が最低水準の今が買い時!
あと数年で社宅を出て行かなければならない状況になり、賃貸物件を探し始めました。希望するようなところは月8万~10万円で、想像していたより家賃が高い!そこで夫婦で話し合い、現在の住宅ローンの金利が最低水準&増税を見越して、同じお金を払うなら頑張ってマイホームを購入した方が満足度が高いのではないかという結論に至りました。
長期的に見 て不動産価値が下がりにくい物件を購入
まず、自分たちが住むことを考えて快適なサービス(マンションの構造や周辺状況)が揃っているかということは大事です。ですが、サラリーマンなのでもし転勤になってしまった時に買い手or借り手が付きやすい物件かどうかということも同じくらい重点を置いて探しました。不動産価値が長期的に見ても下がりにくい繁華街から徒歩10分圏内で建っているマンションに焦点を絞りました。その中でも譲れなかったディスポーザー、そして将来子供のことを考え、良い小児科、評判の良い公立小学校がある立地を選びました。
小さな不満が積もり積もって・・
以前住んでいた社宅は築30年位経っていたので外観も古く、内部は少しリフォームされていましたが隙間風が入ってきたりしていました。体の弱い夫は良く体調を崩していました。お風呂には以前から残っていた頑固なカビがあり、何より浴槽が狭くて足を曲げなければ入れないのが嫌でした。画鋲一つ刺すこともも躊躇しました。そういう小さな不満が少しずつ溜まっていた時に新聞の折り込みチラシ等で分譲マンションの宣伝を見ると心が揺らぎました。
なるべく多くの頭金を貯めて返済を少しでも楽に!
金利が安く、増税前の今が本当に買い時だと思います。でも頭金はある程度払っていた方が後々自分のためになると思います。最近の不動産チラシでは「頭金数万円でも契約可能!」なんてうたい文句が増えてきていますが、最初に楽した分後々余計な利息を払う羽目に・・。私達はそれが嫌だったので、住宅ローン契約時は貯金のほとんどを頭金として支払いました。一時期貯金残高は百万円ほどになってしまいましたが、また働いて貯めたらいいと割り切りました。住宅ローンは借金です。借りるお金はできるだけ少なくしておいた方が身のためです。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録