結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 貸すことを前提に立地を最優先に!諦めなくてよかった!

持ち家派の理由

貸すことを前提に立地を最優先に!諦めなくてよかった!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「貸すことを前提に立地を最優先に!諦めなくてよかった!」です。

<今回の激白先輩>
20代 女性
購入検討エリア:東京都世田谷区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

リロケーションサービスを利用すれば海外赴任の心配を解消!
購入前までは、賃貸に二年間住んでいました。賃貸でも管理費は払っていたので、共同スペースやごみの管理などは手間がかからず快適でした。しかし、毎月の賃貸料をとられるだけで持ち家にならないという、不安感が強くありました。主人の職業柄、海外転勤が伴うことはわかっていたのですが、海外赴任の間会社のリロケーションサービスを利用すれば家主として持家を貸すことができ、転勤から戻った時も、その土地になじみがあれば、新しいスタートもすぐに切れるというメリットがあることがわかり買いたいと思うようになりました。
将来の貸出を見据え、立地を重視!
以前から賃貸に長く住むつもりはありませんでしたので、日ごろから良い物件がないかと、気にしながら生活していました。最終的に購入を決断した理由は、これはと思う物件に出会ったからです。また、主人の海外転勤中の貸し出しを考えたら、駅から近いこと、その駅に急行がとまることなどアクセスの良さ等が条件でした。条件に見合った物件は何戸がありましたが、予定金額と近所の雰囲気で絞り込みました。当初はまだ夫婦だけでしたが、将来子供ができた時のことも想定し、充実した教育機関があったことも決め手の一つです。
広告を見たりモデルルームに行って購入後の生活をイメージする
マンション住宅情報などの新聞チラシや、駅に設置されている不動産会社の住宅情報誌を目にしたときにマイホームが欲しくなります。外見の写真や、間取り図をみながら、将来の計画を立てたり、付近の地図を参考に、生活パターンのイメージを膨らませたりするのは楽しいものです。さらに、新しいモデルルームの見学も興味深く、新しければ新しいほど、キッチンや水回りの様式が進化していて、より便利な生活ができそうだと感じます。
駅からの距離や急行停車駅も重要条件!
私が購入して成功したと思うことは、立地条件を決して諦めなかったことです。駅から歩いて5分以内。バスを利用しなくてもいいことが条件でした。急行がとまることも、毎日の生活の中ではおおきなウエイトをしめます。外見や間取りも大切ですが、我が家のように、転勤中に貸し出すという選択を考えたら、立地条件は外せません。初めての土地に購入する場合は、足をよく運んで、朝、夕方の電車の込み具合などを確認しておくと良いでしょう。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録