結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > ズバリ!人生の転機にマイホームが欲しくなる!

持ち家派の理由

ズバリ!人生の転機にマイホームが欲しくなる!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「ズバリ!人生の転機にマイホームが欲しくなる!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:例)京都府京都市
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

老後まで家賃を払うことが不安でした・・・
子どもが産まれ、夫の仕事が安定しお給料が上がったことで、夫の職場の近くに引っ越したくなりました。賃貸マンションに老後まで家賃を払い続けることより、購入して自分の住む家がある方が安心できるのかなと。同じ間取りなら、賃貸よりも住宅ローンを返す方が月々の支払い金額は安くなりますし、長く家賃を払い続けて何も残らない賃貸よりは、ローンを組んでマイホームを買った方が良いのではないかと考え、購入を決めました。
売主さんの雰囲気や人柄も購入の決め手です!
夫の職場に近いマンションをずっと探していたので、あらかじめエリアを絞りこんでいました。そのエリアの不動産屋さんに数件来店し、こちらの条件を伝え、条件に合う物件があればその都度見に行っていました。家族でずっと暮らす家なので、重視したのは日当たりと物件周りの雰囲気です。また購入したのは中古の物件なのですが、実際に沢山物件を見ると、売主さんの雰囲気や人柄も大きな決め手になりました。また、将来的にペットを飼いたいので、ペットOKの条件は絶対でした。
つのる!マイホームへの憧れ!
結婚や出産といった人生の転機には、やはりマイホームが欲しくなると思います。賃貸の部屋を借りていたときは、部屋を改造したりインテリアにこだわったりすることに限界があります。おしゃれなインテリアの特集をしているテレビや雑誌を見ると、マイホームを買って、インテリアはこうして…などと想像が膨らみました。また、以前借りていた部屋はキッチンや洗面所などの水回りが狭く、それも不便に感じましたね。
新築だけじゃなく中古も視野にいれるべし!
金銭面で無理をしない事をおすすめします。私も最初は新築や高級住宅街にあこがれていたので、高級分譲マンションにも足を運んでいました。営業の方は「大丈夫です」と言って高い部屋をすすめてきますし、モデルルームを見ると自分も欲しくなります。実際に無理をして買っていたら、たぶんローンを払うことがしんどくなったと思います。充分にお金のシュミレーションをして、余裕が持てる範囲での物件探しをした方がいいと思います。実際、今の家を買ってから、夫の会社のボーナスが出ない時や給料が下がってしまった時があったので、無理をして高い新築を買わずに中古にして良かったと思っています。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録