結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 自分の親や子供、家族の事情を考慮した住まい選びを!

持ち家派の理由

自分の親や子供、家族の事情を考慮した住まい選びを!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「自分の親や子供、家族の事情を考慮した住まい選びを!」です。

<今回の激白先輩>
40代 女性
購入検討エリア:京都市伏見区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

親の援助が助かりました!
それまで住んでいた賃貸マンションは配偶者の親がオーナーでしたので、住まわせてもらっていた状態でした。しかし、諸事情でマンションの売却が決まり、オーナーが変わって家賃の支払い義務が生じた為,新たに購入する事を決めました。また,購入にあたっては,マンション売却で財産を得た配偶者の親が資金援助を申し出て下さったので、前向きに検討できました。賃貸よりも購入した方が,住環境のクオリティにこだわることができると思っています。
マイホーム購入はタイミングと決断力が勝負!!
最終的に購入の決め手になったのは立地の良さです。2択まで絞り込んだ段階で、交通の利便性を考慮した際に、どちらが良いかで決断しました。管理費や、広さ、間取り、諸々の具体的な条件を出して不動産屋に相談していたので、良い物件が出た際に即お知らせして頂きました。マイホーム購入に関しては、物件を探し始めるタイミングと決断力によると痛感しました。一番最初に内覧した物件も一目惚れしましたが、決断できないまま先を越されました。
子供の進学にあわせて、転居予定です!
私自身、長男が小学校に上がる直前のタイミングで再度転居したいと検討しているのですが、子供の進学に都合の良い地域は何処かなど考える際に、マイホーム願望も具体化するのではないでしょうか。また、テレビで有名リフォーム番組など観ていると、新しい住まいに憧れを抱きます。昨年、転居したばかりなので、とても満足して暮らしていますが、ここは仮住まいで数年後に再び転居するというのも我が家のライフプランの一つです。
とにかく話し合い!
ご夫婦の場合は、2人で価値観を合わせてから物件探しをする事を強く推奨します。夫婦で意見が合わないまま、いくつも内覧して、精神的にも肉体的にも疲れ果てるなんて、夢のマイホーム探しの筈が地獄の作業と化してしまいます。物件選びの権限を持つ人間が複数ならば、事前にしっかり話し合って、イメージを固めておく方がスムーズで良いでしょう。大きな買い物なので、失敗買いは悲し過ぎます。物件選びは幸せの為の作業であって欲しいですね。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録