結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 購入に悔いなし!

持ち家派の理由

購入に悔いなし!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「購入に悔いなし!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:東京都江東区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

長く使える高価な家具が買えないことがストレスでした!
やはり賃貸マンションは分譲マンションと比べると狭いと思います。マンション購入後の月々の支払額をみてみると、賃料と同額か少し多めにだせば、それなりに広い部屋が手にはいります。さらに、新築ですから綺麗ですし、自由に使うこともができます。賃貸マンションは、引越しの可能性を考えると、家具などの購入を躊躇してしまいますし、壁に自由に穴をあけることもできないことなどがストレスでした。インテリアを好きなようにできたり、長く使える良い家具を購入したいと思ったときに、賃貸では難しいのではないかと。我が家の場合は、転勤の可能性が低いことも後押ししたと思います。
いくつもの物件を見る中で、自分の好みや必要条件が定まっていきました!
実家に近いエリアで探していたところ、新築の良い物件がでたことが購入の決め手でした。また、長期にわたって探していたので、貯金が徐々に貯まっていましたし、金額的にも購入範囲に入っていました。郊外の価格が低めの物件もたくさん見に行っていたこともあり、内装や環境も含めて、何が好みで何が不便で、何が自分たちには合うのかということが、わかってきた時期に、これはちょうどよいタイミングだ!と思い決断しました。駅に近い、実家にも近い、スーパーがたくさんある、子供の公園がある、医療施設も選べるくらいたくさんあるといった環境も整っていたので、すべてが自分たちの好みにすぽっとはまった感じでした。
子連れに便利な環境を選んだおかげで、ラクになりました!
マンションが欲しいと切実に感じたのは、子供が生まれて家が手狭になってきたときに、インテリアや収納の特集をしたテレビや有名リフォーム番組で綺麗な部屋がでてくると自分たちもこういうお家に住みたいなと感じました。前に住んでいたところが緑の多い環境ではありましたが、駅や日々の生活に必要なスーパーや医療施設からやや離れていたので、子供が生まれてからは余計に不便を感じていました。子供を生む前はそれくらいの距離はどうということはなかったのですが、子連れですと、やはり距離を移動するのは面倒なこともたくさんありました。便利な環境で広さを確保したいと思ったときに購入したほうが今後のためではないかと思いましたね。
QOL向上で嬉しい効果!
私の場合、購入して失敗したと思うことは特にはありません。購入した方が、広いですし自由に使えて良いと思います。また、引越するということを考えないで済むので家具の購入やインテリア、友達づきあい、家族との関係などいろいろなことが安定していくと思います。また、部屋が広いと人が集まる家になりますので、そういったことを受け入れることで、自分自身が成長したような気がします。住宅ローンについては、心配なことがたくさんあると思いますが、私は踏み切ってよかったなと思っています。綺麗に使っていれば、売ることもできると思いますし、どのように生活していきたいかを考えたときに最善の決断をとることが大事と思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録