結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 値下げ交渉に成功!不景気を味方につけて購入が実現!

持ち家派の理由

値下げ交渉に成功!不景気を味方につけて購入が実現!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「値下げ交渉に成功!不景気を味方につけて購入が実現!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:東京都葛飾区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

総支払額が同じなら、質感が上の分譲に軍配!
賃貸に比べ、分譲マンションは室内の質感が良く、分譲を選択して正解だったと感じています。賃貸では借用するために、家賃の保証人が必要になります。親が健在のときは保証人になってくれますが、遠い将来を考えると、物件を持っていた方が有利だと感じました。また、賃貸と購入は支払い総額に差はないと聞いたことがあり、必要に応じて売却したり貸し出したりすることができ固まったお金を作ることが出来るという面でも、購入したほうがお得だと感じました。
リーマンショックが追い風!2/3の価格に大幅値引き!
購入を決断する後押しになったのは、何といっても大きく値下げしてくれたことです。購入当時はリーマンショックで経済が混乱している時期でした。当初、手がでない金額設定でしたが、そのような世間状況を背景に価格交渉した結果、当初の金額の三分の二になったのです。また、他にも購入の意志を見せている方が居たため、家族で相談し、この段階で購入するのがベストであると判断し、購入に至りました。
新しいモノがほしくなる!魅力的な広告文句についつい…
家に届くチラシを見ると、間取りや周辺環境の良さが、これ見よがしに書いてあります。それを読めば読むほど、欲しいと思えてきます。同様に、インターネット閲覧しているときも、バナーでたまたま画面がマンションの広告ページになることがあります。同じように、広告文句に魅かれて欲しいと思ってしまうことがあります。アピール文書を見ると、ついつい購入意欲がわきたてられますよね。何年も住んで使用感が出てくると、なおさら新品が欲しくなります。
住環境と固定資産税の下調べをお勧めします!
購入するにあたって注意することは、何度も現場を見に行くことです。周辺で工事があったり、子供が多く集まったり、騒音が発生していないかは最低限確認したほうがいいでしょう。マンションの購入を検討している方には、販売中の完成済マンションを見に行くのもがオススメです。上下左右の部屋から騒音があるか、マンションに住んでいる住民の雰囲気といった生の状態を知ることができます。私は完成済みのマンションを購入しました。朝、夜と時間を変えて見に行き、周辺環境も念入りに調べました。失敗したことは、固定資産税を念頭に置かなかったことです。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録