結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 親孝行も兼ねて、永住する場所を決めました!

持ち家派の理由

親孝行も兼ねて、永住する場所を決めました!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「親孝行も兼ねて、永住する場所を決めました!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:大阪府寝屋川市
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

支払額は家賃も住宅ローンも同じ!新居は両親の住む街に決めた!
賃貸マンションに住んでいたのですが、永住する場所ではないと常々思っていました。マンションの部屋自体は気に入ってたのですが、全体の管理状況がだんだん悪くなり、マイホームの購入を検討するようになったんです。すると、分譲マンションの住宅ローンを組んだ場合でも金利が低く、月々の支払いが家賃と同程度で済むことがわかりました。それならば、分譲マンションの方が管理も行き届いていて、安心して暮らせると思いました。また、以前の住まいは両親の住まいからも遠かったので、できるだけ近い方がいいと判断し、両親の住む街で分譲マンションを購入することを検討しました。
資産価値よりも利便性を重視!「住む」には最適物件!
購入に関しては、資産価値というよりも、日常生活において、便利な点が多いことが決め手でした。まず、自分が育った街で土地勘があり、最寄駅から徒歩圏内で、道のりが平坦なのが良いと思ったのと、近所にスーパーが多く、日常の買い物に困らないところも良かったです。部屋自体は南向きで見晴らしがよく、日差しがたっぷり入り、開放的です。建物の広さとしては、少し狭い2LDKですが、3人家族にはちょうどよいと思っています。部屋数が少ないため、掃除もしやすいですよ。
ライフスタイル変化は大きな購入動機に!
ライフスタイルの変化で、荷物が多くなってきたときに、広い部屋や物置が必要になり、マイホームが欲しくなりますね。手狭な家に住んでいると、家族が増えたときに、一部屋・二部屋多いマイホームを持ちたくなります。また、定年・老後を迎えたときは、若いときとは体力も変わってくるので、バリアフリーなど身体に負担の少ない住まいを探すのではないかと思います。その他に、新しい宅地が開発されたときなんかも、新鮮味があるので、マイホーム情報を知りたくなりますね。
利便と治安のバランスが鍵!あとは資産価値を見据えよう!
駅から徒歩圏内で、かつ、近所にスーパーが多いという立地の良い家を購入し、日常生活はとても快適です。しかしその反面、時々周りがうるさいと感じることがあります。子供の教育を考えると不安になったりもしますので、便利さと環境の良さは相反する点だと感じています。マイホーム購入の際は、どちらを重視するのかバランスを見極めながら購入されると良いと思います。売却も視野に入れて購入される方は、人気エリア・駅近など資産価値の高い場所を検討されると良いでしょう。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録