結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 家賃は死金。資産をどう所有し、活用するか!

持ち家派の理由

家賃は死金。資産をどう所有し、活用するか!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「家賃は死金。資産をどう所有し、活用するか!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:東京都中央区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

家賃は死ぬまで、ローンは自分次第!
広くて綺麗なマンションは、かねてからの憧れでした。分譲マンションの方が賃貸よりも圧倒的に設備も充実しています。賃貸でお金を払い続けても、自分の物になりません。それが、何だかバカバカしくなってきて、分譲マンションを購入することにしました。「新築物件を少しでも早く購入した方がいい」と、かねてから購入の時期は伺っていましたので。働けるうちに働いて、ローンを返済すれば老後はのんびり暮らせると思いませんか?
優先順位はセンス>立地>学区。金額はなんとかするさ!
実際のモデルルームを見て、センスの良さで決めました。金額は後からどうにでもなると考えます。次に立地です。住んでいるエリアから出るのは嫌だったので、『現エリア且つ良いマンション』ならば購入するつもりでした。また、子供がいるのでマンションを買えば、通う予定の小学校や中学校も決まってきます。希望のエリアで購入すれば将来設計も立てやすいです。
買った方がお得!リフォーム・ローン返済額が自在!
本当に部屋が狭くて困っていて、早くマンションを買いたいと思っていました。賃貸マンションだと、好き勝手に壁を抜いて部屋を拡大したりできないです。ですので、不便に感じていました。その上、賃貸マンションは家賃もすごく高いのです。高い家賃よりも少なく毎月の返済を設定できれば、買った方がお得だと思いませんか。購入すれば、自分の好きなようにリフォームもできるんですよ。
価値が下がるオプション!カスタマイズは検討を!
自分好みにカスタマイズしてオプションを付けるのもまた一つの楽しみです。ですが、あまりにも遊びすぎてしまうと、いざ売ろうと思った時に、価値が下がってしまいます。大事なのは、万が一売るとなった時のことも見据えることです。住んでる時は、色々と楽しくてカスタマイズしたくもなるものです。ですが、一旦「本当にそれは必要なのか」ということをじっくり検討してみて下さい。また、住宅ローンは無理のない返済プランをよく話し合うことも大事です。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録