結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 若い時から家を持つ。それが子供の友人の輪につながる!

持ち家派の理由

若い時から家を持つ。それが子供の友人の輪につながる!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「若い時から家を持つ。それが子供の友人の輪につながる!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:横浜市都筑区
検討不動産:マンションのみ
ステータス:既購入

資産としての家が欲しい!若いうちの借入は有利!
資産としての家が欲しかったからです。賃貸だと家賃を払っても手元には何も残らないけれど、持ち家ならローンを払い終えれば自分の資産になります。また、老後、住み替えなどを検討する時に売却するという選択もできます。それに、一生賃貸というのは不安が残りましたし、購入するなら若いうちの方が借り入れのことなども考えたときに有利だと思ったからです。周りの同年代の友人も家族を持ち、子どもが産まれるとマイホームを購入する人が多く、そういう話を聞いているうちに憧れが強くなったというのもあります。
希望に叶った物件が予算内!立地、教育環境も◎
間取り、広さ、日当たりの希望が叶えられ、浴室乾燥機・床暖房・ディスポーザー・宅配ロッカーが完備であることが、自分たちの決めた予算内であったというのが1番の決め手です。立地面ではお互いの実家から遠くないことや、生まれ育った市内であって土地勘があること、近くに駅やショッピングセンターがあり便利であること。教育環境では、子ども達が通うであろう小学校や中学校がそれほど遠くないことと、学校が荒れていないことが決め手でした。
子ども達が『本気』の友人ができるように
やはり親しい友だちや兄弟などがマイホームを購入し、そこに遊びに行った時でしょうか。新しいお宅を拝見すると自分たちもいつか・・・と夢がふくらむものです。また、子ども達には親の勝手な都合で転校などさせたくなかったので、幼稚園に入る前に定住地を決めたかったというのもあります。「いつか引っ越すかも」と思いながら子育てしていると、なかなかその土地でお友だちを『本気』で作ろうと思えないからです。
その場で決めない!冷静な判断がキモ!
とにかく大きな買い物なので慎重に決断すべきです。不動産屋は色々と煽ってくると思いますが、(「すぐ決めないと売れちゃいます」とか「週末はまたがないほうがいいです」とか)絶対に焦ってはいけません。私たちはどんなにいいなと思っても、必ず1度持ち帰って家で夫婦で話し合う時間を設けました。不動産屋の前では言えないこともあるかもしれませんし、ネットなどで情報が得られるかもしれませんので。後悔することのできない値段なので、冷静な判断が必要だと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録