結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 死ぬまで家賃が払えますか?あてにならない年金を考えて・・

持ち家派の理由

死ぬまで家賃が払えますか?あてにならない年金を考えて・・

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「死ぬまで家賃が払えますか?あてにならない年金を考えて・・」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:広島県広島市佐伯区
検討不動産:マンションとその他
ステータス:既購入

精神的にも金銭的にも楽になる戸建て
ニュース等を見ていて思いました。年金をもらい出してから、賃貸だと家賃が払えそうにないと。家賃を払うと年金がほとんどなくなりそうだと思いました。それに賃貸だと左右上下の家の音が気になります。自分自身も他人に迷惑かけないように気をつけないといけなく、精神的にしんどいです。私自身、下の住人の騒音で引っ越した経験もあります。どんな人が引っ越してくるかもわかりません。引っ越してくる人によってはまた騒音などで悩まされ、ストレスをかかえます。精神的にも金銭的にも楽になるには戸建ての方が良いということになり、購入しようと思いました。
外は洋風、中はリフォーム済と外観は大事!
家の外と中の見た目が良いいのが購入の決め手になりました。外はひどいヒビ割れもなく、洋風です。中はリフォーム済みでとてもキレイに感じられました。今の家に出会う前に数件の物件を見ました。その中に、トイレが汲み取り式で浄化槽をつけないといけない物件があったんです。そこはトイレ以外は気に入っていました。しかし、トイレの汲み取り式の時はどういうようにしていかないといけないのか調べてみてやめました。トイレは必ず水洗が良いと思いました。今の家は水洗だったので、この点も購入の決め手になりました。
少子化で年金減。定年後、金銭的余裕を持ちたい!
老後の生活の保障内容を伝える番組を見ている時にマイホームを欲しいと思います。あとは、賃貸マンション内の上下左右の家を気にして過ごさないといけないと感じる日々ですね。少子化で負担は増えるばかりで、年金を貰える金額が減りそうです。将来、賃貸では暮らせないと思います。仕事など頑張って生きてきて、定年を迎えるとします。自由になり、楽しい日々を送れるはずです。なのに今の日本の状況では暮らしにゆとりも楽しみもなさそうに感じます。少しでも金銭的に余裕を持ち、老後の支払いを減らしたいですよね。
想像して下さい!契約時~引渡時。
家を見た時期と引き渡しの時期が離れていると庭が雑草だらけになり、印象が変わります。私は物件を見たのが雑草の生えてない冬、引渡は夏になりました。引渡時、雑草が生い茂り、雑草処理は追いつきませんでした。雑草の中に切り株もあったので、努力して数十袋も出るくらい雑草処理しました。しかし、自力ではなんともならず結局業者にお願いしました。垣根も切り落とされていたので植えないとならず、さらにお金がかかりました。家だけでなく、庭や玄関先の様子もしっかり見た方が良いと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録