結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 広告が出る前に出会えた……!チャンスは逃さない!

持ち家派の理由

広告が出る前に出会えた……!チャンスは逃さない!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「広告が出る前に出会えた……!チャンスは逃さない!」です。

<今回の激白先輩>
30代 男性
購入検討エリア:愛知県豊橋市
検討不動産:マンションと戸建
ステータス:既購入

お引越し・・賃貸?持ち家?選択の時!
転勤がない職種であったため、引越しを考えた時に、次の住まいも賃貸にしようとは思いませんでした。また、子どもがどんどん大きくなる事を考えると、騒音などでご近所へ気を使った生活をするのは大変だとも思っていました。あと、将来的には子供部屋がほしいというのもありました。戸建てなら、修繕費などはかかってくるものの、自分たちの資産として土地などは残ります。長い目で見れば、賃貸でずっと費用がかかるよりはいいのではないかと思いました。
『次週、広告掲載』のオープンハウスを押さえた!
偶然に見つけたオープンハウスの住宅に決めました。すでにオープンハウスでの建築がすすんでおり、販売元がすぐにでも売りたがっていたからです。年度末ということもあったんだと思いますが、見学に行った次の週には販売価格を見直し、大々的に広告を打って売り出す事になっていました。広告が出る前に、下がった販売価格での購入と言う条件で、再度見学に行きました。広告を出すとすぐに売り手が決まってしまうということと、200万円の値引きだったのでその場で決めました。
子供部屋と『のびのび子育て』を求めて!
子どもがいる世帯の場合、「のびのびと子育てをしたい」と感じた時にマイホームを夢見ると思います。たとえば、楽器で遊ぶ時や、友達と一緒に大声を出して遊ぶ時などです。ある程度は騒音に注意させながらも、「音が出るから遊ばないで」とは言いたくないと思います。我が家の場合には、以前に住んでいた賃貸住宅で隣家の騒音が激しく、大変辛かったことがありました。その経験から、今度は自分の家からの騒音で、他の人に迷惑がかかるのは嫌だと思いました。それ以外にも、子どもが新たに生まれた時は、将来的に一人一人に子供部屋を用意してあげたいという思いが出てきてマイホームが欲しくなります。
何度も足を運ぼう!『朝・昼・夕・晩』の4度見で!
「すぐに買わなければいけない」と言う事でなければ、検討する住宅近辺へ何度も足を運んで欲しいと思います。具体的には、朝の通勤時間や日中、夕方や夜など。それぞれの時間帯によって、近所がどのようになるのかを自分の目で確かめられるといいと思います。普段は静かな付近でも、大通りの抜け道として利用されるような道路に隣接をしていると、車の騒音や安全性にも支障があります。子育てをしていれば危険にもつながります。我が家は、抜け道通勤路に接していて失敗したと思うのですが、そこが子どもの通学路でもあり、反面、成功したとも思っています。車通りには気を付けなければいけませんが、学校からの帰り道は1人になることはないという安心感もあります。その他に、近所に子育て中の人がいるのかどうかもわかると、その後のご近所づきあいも見えてきていいと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録