結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > マイホームのおかげで仕事が楽しいんです!

持ち家派の理由

マイホームのおかげで仕事が楽しいんです!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「マイホームのおかげで仕事が楽しいんです!」です。

<今回の激白先輩>
20代 女性
購入検討エリア:東京都新宿区
検討不動産:マンションと戸建
ステータス:既購入

『新しもの好き』だったことと、貸し渋りの話を参考にして!
色々理由はありますが、親がどちらかというと新しいもの好きですので、それが一番の理由のように思います。今まで住んでいた家がそれほど新しくなく、ゴキブリや老化など様々な点で不便でした。なんとなく新しいものを求めてたというのがあります。また聞いた話だと、高齢者に部屋で死なれた場合、事故物件になってしまい、それを恐れた大家さんが、あまりにも高齢だと貸し渋ることがあるらしいです。親が歳をとった時に賃貸で借りられるかはわからないというのがあり、資産になると考えて購入したいと思いました。
アクセス良好!が圧倒的な決め手!
一つ目が通勤通学や都心へのアクセスが良かったことです。二つ目に様々な設備面での充実です。マンション、特に管理組合や管理業者がしっかりしているところだと、ゴミ出しのストレスなどに悩まされずに済みます。三つ目はやはり防犯面でしょうね。マンションは自分の部屋に来るまでに複数回鍵を使用しないといけないのと、防犯カメラなどが付いているので犯罪リスクがとても少ないことが良かったです。中でも一つ目が圧倒的な決め手となります。
オリンピックで地価上昇!「マイホーム=資産」と強く思えた!
今までは生活に不便を感じた時、主にマイホームの情報を知りたくなったり買いたくなったりしていました。最近はオリンピックに向けて地価の上昇が見られたので不動産投資が話題に上るようなり、資産として気になり始めました。より良い生活環境を求める時以外にも、インフレリスクなどを吸収することのできる資産として興味がわいてきたのです。資産として欲しいと思い始めてから、地価の値下がり=買い時と感じるようになったため、以前より欲しいと思いやすいです。
『資産』にするなら人気エリア、駅近に購入しょう!
勤務場所に近い家を買うととても楽になって楽しいです。その点でとてもお勧めしています。万が一、転勤などによって場所が変わってしまうと、いきなり遠くまで通勤しないといけなくなり、苦痛を感じることになります。そんな時、持ち家だと簡単に売買できないので困りますよね。ただ、持ち家は賃貸よりもずっと安上がりな上、人気なエリアや駅の近くにあった場合地価が上がったりもします。そんな時は売ることで利益がでることすらあります。まあ、なかなかそう、うまくはいかないですけどね。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録