結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 性別の異なる兄妹に独立した部屋を与えたい!

持ち家派の理由

性別の異なる兄妹に独立した部屋を与えたい!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「性別の異なる兄妹に独立した部屋を与えたい!」です。

<今回の激白先輩>
40代 男性
購入検討エリア:愛知県名古屋市
検討不動産:マンションと戸建
ステータス:既購入

家賃の自己負担増・・「そろそろ家を持つ時期だな」
当時借りていた賃貸マンションは会社の転勤時に入居しました。年数が経ち、家賃の自己負担も増えたので、それなら買ったほうがいいということになりました。夫が長男なので、いずれは地元に戻って家を建てたいという希望がありました。親が敷地内に私たちの家を建てたり、親の住んでいる家を二世帯住宅に建て直すのかと思いましたが、そんな気がさらさらないことがわかりました。それで、子どもが中学生になり、それぞれの部屋も必要だし、そろそろ自分たちの家をこちらで買う時期に来たのではないかということになりました。
5DK!『子ども部屋』『安定』『安心』を手にします!
中古でしたが、立地が良く、治安もいいし、子どもの中学の学区内というのが良かったです。庭があり、部屋数も5DKありましたから、子ども部屋も確保できると思いました。当時考えていた予算よりかなりオーバーしましたが、閑静な住宅地で、騒音やトラブルも少なそうだと思ったので、安定と安心を手に入れるために決断しました。子どもが男女の中学生だったので、そろそろそれぞれが独立した子ども部屋をほしがる年齢に差し掛かっていたというのもあります。
「マイホームがないのは、うちだけ!?」(苦笑)
周りの友人知人、親戚などほとんどの人が家を買って「マイホームがないのは自分ちだけ」みたいな状況になってきたときです。夫がそろそろ親と同居したいと思い始めていました。私の方は「早く家を買ってしまえば、親と同居したいということもないだろう」と思ってました。そんな時に夫の「親元に帰って、親の家を建て直したい」という希望が親から拒否されてしまい、いよいよ「自分たちで家を買ってしまおう」という決断に至りました。
『建つ場所』『ご近所』。想像したり、調べたり。
マイホームは、家そのものより中に住む人が大事です。確かに機能も大事なのですが、家が建つ場所、ご近所をよく調べることが一番肝心だと思います。住んでから、難しい町内会だとか、難しいご近所だとか、騒音が激しい場所だとか・・。問題が起こる前に、何度も調べることは必要だと思います。うちは最初、お隣が空き地でしたが、後に分譲住宅が至近距離に建って、ちょっと住みづらくなりました。また、その影響で日当たりが悪くなりました。いくらいいと思ったところを購入しても、後から条件が変わることもあります。お隣が空き地で家が建ちそうなところなら、やがて家が建つことを想像して購入を決めたほうがいいです。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録