結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 親の介護も考慮したマイホーム!マメにつけた家計簿が役に立ちました!

持ち家派の理由

親の介護も考慮したマイホーム!マメにつけた家計簿が役に立ちました!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「親の介護も考慮したマイホーム!マメにつけた家計簿が役に立ちました!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:神戸市北区
検討不動産:マンションと戸建
ステータス:既購入

親の介護がきっかけでした!
親の介護という事情が生じて、両方の実家の中間地点で家を探し引っ越すことが決まりました。この位置関係からすると、よほどのことがない限りは、今後ずっと住み続ける場所になると判断して、家賃を払い捨てになってしまう賃貸ではなく、生涯の財産となる持ち家を購入することにしました。基本的には、このまま住み続けるつもりですが、たとえ何らかの事情で再び引っ越すことになっても、やはりその時にいくらかでは売れるので、購入するなら資産価値があるものをと考えました。
夫婦二人が気に入った物件はここだけ!
妻は新居のカウンターキッチンがすっかり気に入り、ぜひここに住みたい!との願いが強くなっていました。一方の私は、駐車場がついていることに魅力を感じ、マイホームと同時にマイカーが持てるライフスタイルが気に入りました。選択肢は多かったのですが、夫婦双方が気に入った家というのはここだけで、その意見の一致が一番の決め手になったと感じています。中古マンションを購入したのですが、以前に住んでいた方がタバコを吸わず、ペットも飼っていなかったので、そのまま快適に入居できそうに思えて好印象となりましたね。
大きくのしかかる家賃!家計簿で一目瞭然!!
いつも夫婦で一緒に家計簿をつける習慣があり、月末には収支決算をして家計を見直していました。そこでいつも大きく家計にのしかかっていたのが、毎月の家賃でした。どんなにほかを節約しても削れないのが家賃であり、しかも大きなウェイトを占めて、どうせこれだけの値段を支払い続けるのならば、ただ払い捨てになる賃貸ではなく、自分たちの資産になるマイホームを購入しようという思いが、このマメに夫婦で家計簿を見直す習慣によって強められ、実際に大きな買い物でしたが、踏み切る力となりましたね。
納得いくまでとことん悩み考えよう!
マイホームの購入は、きっと人生で何度も繰り返されることはない最も大きな買い物です。だから、どんなに家選びに時間をかけても、時間をかけすぎたなどということはありません。資料請求からスタートし、家の見学に回った数は何十件にも及び、半年程は休みといえば家めぐりばかりしていました。でも、それだけ悩みに悩んで、いろんな選択肢を検討し尽くしたからこそ、最後に決めた家に後から悔やむということは夫婦共にありませんでした。いつまでもダラダラと探すだけというようなスタイルはお勧めしませんが、購入しようと決めたら、数ヶ月は徹底的に家探しに家族皆で全力を尽くすことは、成功の大きなカギになると思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録