結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 『家賃に少し上乗せするくらいの金額で住宅ローンが組めたから』低金利って嬉しい。。

みんなの住まい事情
体験談

『家賃に少し上乗せするくらいの金額で住宅ローンが組めたから』低金利って嬉しい。。

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「『家賃に少し上乗せするくらいの金額で住宅ローンが組めたから』低金利って嬉しい。。」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:山梨県甲府市
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

住宅減税・低金利が魅力。このままずっと賃貸なのも・・
賃貸住宅では、いつまで経っても自分のものにならず、家賃も一生払い続けなければならないからです。当時、住宅減税も魅力であったことに加え、住宅ローン金利も安く、家賃に少し上乗せするくらいの金額で住宅ローンが組めました。また、壁にくぎ1本打つのも気を使うことや、子供の成長とともに、手狭になりより広い賃貸に引っ越すのも面倒でした。あとは、貸主に気を使ったり、最悪の場合、貸主の都合で、急に出ていかなくてはならない可能性があるため、購入した方がいいと思いました。
日当たり◎!学校、スーパーが近いから決めました!
不動産屋で土地を物色しました。3か所ほど見たところで、静かで、日当たりが良く、比較的子供の学校も近く、近隣にスーパーがある土地が見つかり、住環境がいいのが一番の決め手となりました。その後、建築設計事務所の方と打ち合わせを行いました。間取りやキッチン、浴室の設備など概ね、自分が希望する内容のもので、かつ、予算内に収まりそうなことから最終的に決めました。当然ですが、決める前に銀行に行き、住宅ローンの借り入れについて内諾は得ていたのと、返済のシュミレーションは行っておりました。
『収納スペース』と『両親のプライベートスペース』確保!
子供ができ、幼稚園に入るようになった頃、収納スペースが狭くなり、マイホームが欲しいと感じました。我が家は子供が男の子と女の子の二人なので、ひな人形と武者人形があります。その収納スペースがかなり取られてしまうんです。また、それぞれに子供部屋が必要になってきたというのもあります。あとは、親も本を読んだり、家で仕事をすることがあるため、プライベートなスペースが欲しいと思ったからです。
家以外にインテリア・家電製品を新調!エクステリアも含め、予算を多めに検討!
家を購入すると、土地や建築費用に加え、インテリアや家電製品などに結構費用がかかります。その分を見越して予算を立てると良いと思います。家を新築すると、カーテン、絨毯、家具、家電製品等、以前の物が寸法的に使えても新調したくなります。住宅ローンを何千万も借りると、数万、数十万円は安く感じて、金額にマヒした状態になりますが、その積み重ねがばかになりません。エクステリアも含めて、予算を多めに検討したほうが良いと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録