結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 社宅は「階段」「古い」「ボロ」「すきま風」。妊娠を機に決断!

持ち家派の理由

社宅は「階段」「古い」「ボロ」「すきま風」。妊娠を機に決断!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「社宅は「階段」「古い」「ボロ」「すきま風」。妊娠を機に決断!」です。

<今回の激白先輩>
20代 女性
購入検討エリア:岡山県玉野市
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

「結婚したらマイホームを!」というのがありました!賃貸はヒヤヒヤものですから。
結婚したら賃貸ではなくマイホームという考えが頭に有ったし,賃貸という選択肢はまったくありませんでした。
それに、賃貸だと、子供が壁などに落書きしたり、穴をあけたり、傷をつけたりとヒヤヒヤしないといけないです。ですが、マイホームだと、我が家になるので子供がなにをしても賃貸ほどヒヤヒヤしないでいられます。それで購入しようと思いました。それに、賃貸で家賃を払うより、マイホームで家賃と同じくらいの住宅ローンはらったほうがいいと思ったからです。
エレベータなし4階!子どもの手を引き荷物を運ぶのが大変で・・
結婚してから会社の社宅に入ったのですが、そこはとても古くてボロで冬には窓を閉め切っているのにすきま風がはいってくるような年期の入った建物でした。入居後10年までには社宅をでなければならないこともあり、早くマイホームがほしかったのです。また、4階に住んでいたので、エレベータもなく買い物した時は荷物を持ち、子供を連れて上がるのがいっぱいいっぱいだったというのもあります。丁度、二人目を妊娠したことにより、余計に階段がきつくなりはじめたので購入を決断しました。
友人の新築の話を聞いて帰宅。うちではすきま風が・・
欲しい、買いたいと思ったのは、前々からでした。ですが、友達や同学年の子がマイホームを建て出して、その話を聞いたりする事が多く、余計にマイホームが欲しくなってきました。
社宅生活でも、不便に思う事は多々有り、部屋が狭く、押入も少なく高い位置にあるので、背の低いわたしには脚立なしでは使えませんでした。また、畳や壁が汚く、冬にはすきま風がとてもはいってくるので、暖房を付けていても寒いし、暖房代がもったいないので、一刻も早くマイホームが欲しかったです。
『買いたい』と思ったときに行動するのでは遅い!事前に勉強しハウスメーカーを吟味しよう!
購入といいますか、これから建つのですが、購入したいと思った時に行動するのでは遅いです。おいおい買う予定があるのなら、事前にマイホーム購入について勉強しておいたほうがいいと思います。買いたいと思った時に展示場やらオープンハウスへいっても、ハウスメーカーは良い事しか言いません。その言葉を真に受けてしまい、そこのハウスメーカーの悪い点はわからないまま購入に至る事も有ると思います。そういったことを防ぐために、まずは勉強して「良い」と思ったハウスメーカがある展示場に足を運んでみるのが良いと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録