結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 安心して一生住める場所を求めて!『縁ある土地』と出会えました!

みんなの住まい事情
体験談

安心して一生住める場所を求めて!『縁ある土地』と出会えました!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「安心して一生住める場所を求めて!『縁ある土地』と出会えました!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:茨城県阿見町
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

「賃貸に払うお金は捨てているのと同じ」永住の場所を手に入れたい!
第一には家賃を払うのがもったいないと思ったからです。賃貸に払うお金は捨てているのと同じだと思っています。毎月同じ数万円を使うのなら、ローンにあてた方がいいと思います。主人もこの先転勤の予定もないので、同じ所にずっと住み続けるのなら購入をして永住の場所を手に入れ、安心して暮らしていきたいと思いました。また、実家が戸建のため、大学で家を出るまでアパート等の賃貸住宅に住んだ経験がなく、賃貸にずっと暮らすという考えが、もともとありませんでした。
住みたいエリアの土地価格を調べていたら『運命の土地』と遭遇!
住みたいエリアの土地価格等を調べたところ、現在払っているアパートの家賃と同額くらいのローンの支払いで購入ができるということがわかりました。それなら賃貸代としてお金を捨て続けるより、自分の持ち家を購入したほうがいいと思いました。運よく、調べた時に気に入った土地も見つけることができ、同じ条件の土地を数年後また見つけることは不可能だと思い、購入を決めました。ハウスメーカーも、予算内で注文住宅を建てられる企業と出会うことができ、購入を決断しました。
バスルームとキッチンが希望と違う・・「大きなバスタブ」「対面式キッチン」が良くて!
現在はアパートに暮らしているのですが、お風呂が狭くバスタブも小さいため、ゆっくりくつろぐことができません。そんな時に「浴室の広い、大きなバスタブのある家に住みたいな」、と思います。台所も狭く収納スペースが少ないうえ、流しや作業台がリビングに背中を向ける形なので、料理をしている間、子供の様子を見ることができません。そういう時も「自分の希望通りのキッチンがあるマイホームが欲しい」と思います。また、友人がマイホームを購入した時にも、強くマイホームが欲しいと感じます。
『後悔しない家を作るため』知識を深め、情報収集しよう!
購入を決める前に、ハウスメーカーなどが行う家選びなどの勉強会にでた方がいいと思います。私は勉強会に参加することで、ハウスメーカー選びのポイントや土地の選び方、断熱材などの家の機能についての知識を得ることができました。断熱材も、メーカーによって様々で、それによって光熱費に影響も出る、ということを知ることが出来て良かったと思いました。後悔しない家を作るためには、自分でも知識や情報を集めることも大事だと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録