結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > イギリスで庭付き中古物件を購入!『住みたいエリア』で暮らす希望が叶った!

持ち家派の理由

イギリスで庭付き中古物件を購入!『住みたいエリア』で暮らす希望が叶った!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「イギリスで庭付き中古物件を購入!『住みたいエリア』で暮らす希望が叶った!」です。

<今回の激白先輩>
40代 女性
購入検討エリア:南ウェールズ
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

イギリスでは家賃より住宅ローンの方が安かった!頭金で借入期間を短く!
イギリスでは賃貸で家賃を払うより住宅ローンの方が安いためです。また、イギリスの住宅価格が年々上がってきていて10年後には更に上昇するのが間違いないので、購入するなら早い方が良いと考えました。あとは子供に財産として家を残してあげれるのも決め手になりました。子供が大きくなるまでに早く住宅ローンを終わらせたいというのもあり、幸い私たちは頭金がかなりあったので、住宅ローンが短く組めると考えたのも理由の一つです。
『子供を通わせたい学校があるエリア』そこは環境もとても良かった!
住みたいエリアが4箇所ほどあり、その内の一番良いエリアに良い物件を見つけることができました。住みたいエリアつまり子供を通わせたい学校がそのエリアにあったことが一番の決め手です。そこは、交通手段もかなり便利な場所で、お店なども全て徒歩圏内にありました。そして環境がとても良いことも決め手となる大きな要因になりました。中古物件のため、新築と比べて修繕しないといけないところはあります。しかし、この家を購入するまで何件もの物件をみてきて、一番状態が良かったというのも幸いしていたと思います。
お庭で子供を遊ばせてあげたいし、ファミリーなお付き合いがしたい!
今の家を購入する前までは、フラット(マンション)に住んでいました。子供ができてもう一部屋が必要となり、庭つきの家で子供を遊ばせてあげたいと思うようになりました。また、フラットは周りが独身か子供なしのカップルが多かったので、ファミリー向けではないと思いました。そのせいか、次第にフラットでの生活が不便に感じられてきました。そのフラットの立地はとても便利な場所でしたが、キッチンや部屋が全て狭かったんです。そういうこともあり、日に日に庭つきの家が欲しいと強く思うようになりました。
新築至上主義は日本だけ!?中古リノベは欧米に学べ!
今の家を購入する前に、一件ほぼ契約する寸前まで進んでいた物件がありました。その物件は、査定をお願いしたら欠陥がみつかりましたので購入をやめました。イギリスでは中古物件をリフォームして住む人が多く、新築を探す方がかなり困難で、日本とは少し事情が違います。でも中古物件の購入を考えている方には必ず何度も下見をすることをお勧めします。なかなか住んでみないと分からないこともありますが、少しでも状態のいい物件を探すためには何度も下見した方がいいと思います。もし、知人で建築に詳しい方がいらっしゃれば、一緒に下見に行ってもらうのも良いかと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録