結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > デザインにこだわり、開放的な空間で暮らすのが『憧れだったんです!』

持ち家派の理由

デザインにこだわり、開放的な空間で暮らすのが『憧れだったんです!』

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「デザインにこだわり、開放的な空間で暮らすのが『憧れだったんです!』」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:愛知県岡崎市
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

本当に自分好みの部屋を作ろうと思ったら購入しかない。昔から一軒家への憧れは強く・・
資産という面で、購入の方が利があると考えました。また気分的にも、「自分のもの」という感覚が欲しかったです。賃貸でも部屋をいろいろアレンジできたりするようですが、何かと制約はつき物ですし、本当に自分好みの部屋を作ろうと思ったら購入しかないかなと考えました。また、それまでのアパートが何かと不自由でしたし、手狭になってきておりました。私自身、昔から一軒家への憧れは強く、借家という選択肢はあまり考えにありませんでした。
土地探しからのお付き合い。ハウスビルダ―との出会いが決め手!
当時ローン金利が(今ほどではないのですが)下がってきておりました。それで、住宅ローンの月々の支払いが、元のアパートの家賃と同額程度と知り、そんな折、ちょうどいい不動産が見つかり購入の決め手となりました。
また、デザインにこだわりたかったので、いろいろなビルダーさんや建築家を探していました。なかなか「これ」というものがなかったのですが、あるとき見学会で見かけた家をきっかけに、そのビルダーさんでお世話になりたく思い始めました。そのビルダーさんに土地探しから一緒にしてもらったのが決め手となりました。
欲しい気持ちは『いつも』。メディアが駆り立て、憧れの気持ちが強まって!
基本的には、いつでも欲しい気持ちは持っていました。それに加えて、建物紹介のテレビや建築関係のテレビ、雑誌、ステキなお部屋紹介、インテリア関係などのメディアを見て、更に憧れの気持ちは強くなりました。それで、具体的にビルダーはどこか、間取りはどうか、予算はどうかなどなど情報を知りたいと思いました。
また、住んでいたアパートは日当たりも悪く、部屋も狭かったため、窮屈な思いをしていました。なので、もっと開放的な空間で暮らしたいという思いは常にありました。
優先順位を決める事が重要!営業の言葉に乗せられては×
自分の中で優先順位を決める事が重要だと思います。お金も限りがありますし、土地(場所)も、希望したものがなかなか見つからないですし、夫婦の場合はお互いの趣味が違ってくるとぶつかり合いになります。その中でも、譲れないものを順番に上げていき、整理しておくといいと思います。ぶれていると、いい物件を見過ごすことになったり、自分に適していない物件を購入してしまうことになりかねません。また、営業さんの言葉にあまり乗せられないことも大事だと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録