結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 住みやすい小さな家。家庭菜園ができ、お客様を招待しやすい広い土地に決めました!

持ち家派の理由

住みやすい小さな家。家庭菜園ができ、お客様を招待しやすい広い土地に決めました!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「住みやすい小さな家。家庭菜園ができ、お客様を招待しやすい広い土地に決めました!」です。

<今回の激白先輩>
30代 女性
購入検討エリア:岩手県奥州市
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

住宅ローンと家賃がほぼ変わりない!土地が安く、しがらみのない場所を求めて!
購入したい理由はいくつかありますが、当時は賃貸に暮らしていましたが、土地が安い場所なのでローンで払う月々のお金とアパートの家賃とほぼ変わりのない値段で家が買えるとわかった為です。主人の仕事が転勤がなく、仕事を続けていく限りは間違いなくその場所に住むと考えたことも理由のひとつですね。また、
主人の親兄弟も皆近くに住んでおり、田舎なので、その土地の色々なこと(青年部だとか、お祭りに参加しなくてはいけないだとかそういう風習みたいなものです)を聞きました。それで、あまりしがらみのなさそうな場所に一戸建をたてたほうがよいと考えました。
主人と私の両親が賛成!皆が賛成してくれるなら家を買おうとなりました!
まずは住宅ローンを組むにあたって「お金」が課題でした。
住む土地を探し、住宅会社の方にも色々とお話を伺い、少し栄えている町に近い場所で安くいい土地があれば購入しようと考えていました。頭金をいくら払うか、それを引いた後の金額を30代であった私達で払いきれるかどうかが心配でした。
ですが、ほぼ希望の土地が見つかり、その土地で小さな家を建てる計画をしました。そのことを、主人の両親も私の両親も賛成してくれたので、
皆が賛成してくれるなら家を買おうとなりました。
アパートの壁の薄さと急な階段、LPガスが不満でした!
私は子供に恵まれませんでしたが、結婚した時、子供ができたら賃貸のアパートでは壁が薄く、夜鳴きなどでご迷惑をかけてしまうのではと思いました。また、その時アパートの二階に暮らしており階段が急だったので、雪が降ったり雨が降ったりしたときに怖いなとも思いました。自分の家があれば、壁の薄さや外階段は自分で決めれるのでいつか住めたらいいなと考えていました。
それともう一つ、田舎の為LPガスでとても高く(都市ガス地域に結婚前に住んでいたのですがビックリしました)それも不便だなと感じました。
広い庭は草むしりが大変!客間が有効活用できない・・
私は元々首都圏に住んでおりましたが、結婚して東北にきました。なので、「広い庭」に憧れていました。
実家は一戸建ですが、猫の額ほどのお庭しかありません。
自分が購入した時は家を小さく、土地を広くにしたのですが、その利点としては家庭菜園が出来ること。車が沢山停めておけることです。
失敗したと思うことは土地が広すぎて草むしりが大変なことです。家について、小さな家にしましたがとても住み心地がよく掃除もしやすいです。
ただ、家に泊まりに来る家族やお客さんの為に和室を作りましたが、ほぼ使っていません。
開かずの間みたいになってしまいました。泊まりに来る人がたまにいる為、荷物部屋にも出来ず困りました。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録