結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 持ち家派の理由 > 老朽化― 改装か新築か?家族同意で新築に決まり!

持ち家派の理由

老朽化― 改装か新築か?家族同意で新築に決まり!

どうして賃貸ではなく、持ち家を選んだの?ライフステージの変わり目に、新居を買おうかどうか 迷っている人は多いはず。既に新居の購入を経験した先輩たちの「実際の体験談」と「アドバイス」をご紹介していきます。
今回の激白体験談は「老朽化― 改装か新築か?家族同意で新築に決まり!」です。

<今回の激白先輩>
40代 女性
購入検討エリア:鳥取県鳥取市
検討不動産:戸建のみ
ステータス:既購入

土壁が崩れ落ち、建物の傾斜も確認!?改装と新築。差がないなら新築で!
もともとの土地があり、元あった家が老朽化したからです。古い家といえども雨風が防げたのでいくらでも我慢はできました。それが、西側の土壁が崩れ落ちているのに気づき、よく見ると僅かに西側に傾いていて、ゴルフボールが壁側に転がっていくのが確認できたんです。それを見て、さすがに家を建て立て直したほうが良いのではないかと思いました。それで、知り合いの大工さんに相談したところ、改装となると予想以上の費用がかかるため、新築するのとあまり変わらないということでしたので新築することを決断しました。
継続的な収入が見込め、借金をしても返済できる能力があることです!
継続的な収入が見込め、借金をしても返済できる能力があることです。また、我が家のように家が古くなり、改装をしようと思って複数の建築屋さんに相談すると、必ず新築を勧められたからというのもあります。全改装をするのと新築をするのとあまり金額が変わらないことを知ったときに、新築(家の購入)の決心がつきました。しかし、いくら決心しても家族の同意が得られなければいけません。決め手というのは一つのきっかけであって、新築や購入の決断は様々な条件がそろって初めてするものだと思います。
家の傾きでゴルフボールが転がっていく・・・テレビの住宅番組が眩しい!!
元あった家が老朽化し、土壁が崩れ落ちているのに気づき、よく見ると僅かに西側に傾いていて、ゴルフボールが壁側に転がっていくのが分かりました。それを見て家を建て直したほうが良いのではないかと思いました。
テレビ番組では、ビフォーアフターなどを見ると欲しくなるのではないでしょうか。私の場合は、中国電力の電化住宅?の紹介番組を見ると新しい家が欲しくなりました。新しい家の雰囲気を妄想するのがいいです。
モデルハウスをしっかり回ることで『理想を確立』!失敗談を聞くのも良し!
まずはモデルハウスをしっかりと回ることです。その中で自分の家はこういうふうにしたいという希望を確かなものとしていきます。そして、すでに購入した複数の人の意見を聞くことです。失敗談を聞くのもよいでしょう。
我が家で失敗したのは2点です。1点目は、ピアノを置くはずだった場所に計測ミスでピアノがおけなかったことです。設計士ではなく営業のかたがメジャーで計測していましたから疑わなければならなかったと反省しています。2点目は、リビング階段にして、夏暑く冬寒い状況を我慢しなければならないことです。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録