結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > 結婚で考えよう!住宅マネープラン > 私のお給料だといくらの家を買う事ができるの?

結婚で考えよう!
住宅マネープラン

私のお給料だといくらの家を買う事ができるの?

大きな資金を必要とするため、計画性が必要になるマイホームの購入。
自分の給料であれば、一体いくらの家を買う事ができるのか気になりますよね。
今回は、年収や貯蓄額から無理なくできるマイホーム購入計画をご紹介します。

私のお給料だといくらの家を買う事ができるの?

私のお給料だといくらの家を買う事ができるの?

不動産にまつわるお金の知識について

■年収とマイホーム価格の相場
一般的には、マイホーム購入価格の2割以上の自己資金があることが基準とされます。
ただ、住宅の購入には、さまざまな諸費用が発生するため、理想としては3割ともいわれています。

年収の2~3割を返済に
返済計画としては、年収のうち2~3割を回すイメージで考えるとよいでしょう。
たとえば、4,000万円の住宅を購入する際に、頭金を年収の2割である800万円用意できたとします。
世帯年収が600万円で35年ローンを組むならば、月々12万円程度、年間144万円程度と、年収の2~3割の返済が可能になります。
年収の2~3割を返済に
年収の6倍が理想価格?
また住宅価格は、年収の6倍以内が理想とされています。
つまり年収が400万円であれば2,400万円の住宅がベストとされます。
年収の6倍が理想価格?

しかし注意が必要になるのが支出のバランスです。
お子さまが多いご家庭や他にもローンのある方は例外となるため、年間100万円以上のまとまった支出が他にある場合は、配慮が必要になります。
■年収別に見る購入可能ライン
実際に、自分の年収ラインであれば、月額負担がどの程度になるのかを見ていきます。

年収400万円未満
年収400万円で考えた場合、年間の住宅ローン返済額の上限ラインは80万円です。 月額では7万円以下となるため、自己資金がまとまって用意できていなければ、高額物件は難しくなります。

頭金が1,000万円であれば、1,500万円を30年の住宅ローンで借り入れすることで、2,500万円の物件が購入できます。
しかし頭金が500万円であれば、購入物件は2,000万円がラインになります。
年収400万円未満
年収500万円~800万円
年収500万円で考えた場合、年間の住宅ローン返済額の上限ラインは100万円です。
月額では8万円以下になるため、2,000万円を35年で借り入れることができます。頭金が1,000万円であれば3,000万円、500万円であれば2,500万円の物件価格がラインとなります。

同様に考えると、年収600万円の場合には借入金2,500万円+自己資金、年収700万円の場合には借入金3,100万円+自己資金、年収800万円の場合には借入金3,600万円+自己資金で35年ローンの融資が計画できます。
年収500万円~800万円
年収1,000万円以上
年収1,000万円で考えた場合、25年ローンでも4,000万円程度の融資が可能になります。
仮に自己資金が1,000万円あれば、35年ローンで6,000万円の物件に手が届きます。
年収1,000万円以上
■返せるのか?を基準にする
住宅購入において必要とされるのが、長期目線での資産計画です。
金融機関から「借入可能な額」ではなく「返済可能な額」がポイントになってきます。

5年先、10年先を見越して、教育費が膨らんでいないのか、支出が増えるリスクはないのか、をしっかりと見極めたうえでの住宅費予算を組むことが大切です。
あわせて読みたい おすすめコンテンツ

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録