結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

覚えておきたい
マンション用語

覚えておきたいお金にまつわる 「マネー用語集」

「いざマイホームを購入しよう!」と思ってもわからない言葉だらけ!お金にまつわる大事な話をしているのに何を言ってるの??なんてことにならないように、FP(フィナンシャルプランナー)の苺先生に教えてもらったわ!しっかりCHECKしておいて!

覚えておきたいお金にまつわる 「マネー用語集」

m2単価(へいほうめーとるたんか・へいべいたんか)、坪単価(つぼたんか)

お部屋の価格をお部屋の面積で割った数字のこと。

 3000万円で70m2のお部屋と3200万円で72m2のお部屋ってどっちが高いかわかる?
 こういう時は、価格を面積で割るとわかりやすくなるわ。

 3000÷70=42.8(万/m2) 言い換えれば、1m2の価格が42.8万円
 3200÷72=44.4(万/m2) 言い換えれば、1m2の価格が44.4万円

 つまり、この場合は、3000万円で70m2のお部屋の方がお得って事よね。

m2は学校で習った平方メートル。 坪は昔から不動産業界が使っている単位でm2の約3.3倍。 厳密にはm2面積を0.3025で割ると求められるわ。
一般の人はm2の方が馴染みやすいので住まいサーフィンではm2単価を採用しているけど、 プロは坪単価で話す人が多いから、坪単価で話すとプロっぽく思われるかも!

頭金(あたまきん)

住宅ローンを組む際に、一括で支払うお金

 簡単に言ってしまえば 購入時のローンを組むだけの資産がありますよ!と銀行にアピールするためのお金だわ。

例えば、3000万円のお部屋を買う際は2割(600万円)を頭金として一括で払い、残りの2400万円をローンで組む事が多いわ。
頭金があると「600万円を貯める事が出来た人なのだから、2400万円も返す事ができるだろう」と貸す側の銀行が 安心できるので、借入れの条件が有利になったりするの。
銀行によっては、頭金不要で借入できる所もあるけどその分、支払利息は高くなるから計画的に考える必要があるよね!

関連記事 ■頭金ってどのくらい用意すればいいの? を読む→

管理費(かんりひ)、修繕積立費(しゅうぜんつみたてひ)

マンションを管理・維持するためのお金

○管理費は、管理人さんのお給料や共有部分の電気代、清掃など、住民が日々快適に安心して過ごせる環境を管理するために
○修繕積立費は、マンションの共有部分全体の修繕など大規模なメンテナンスのために使われてるの。

どちらもマンションの環境や資産価値を維持する為に使われるお金だけど、名前を変えて別々に徴収しているのは、私たちが日々の出費と貯金をそれぞれ別のお財布で管理するのと一緒ね。
いざって時、困ったときに まとまったお金が必要になってあたふたするのはゴメンだもの。

住まいサーフィンで、みんなが管理費や修繕積立金に対してどんなふうに感じているのか アンケートを実施したことがあるわ。

住まいサーフィン関連記事 ■管理費、修繕積立金への意識調査を読む→

これをみると、提示された管理費や修繕積立金が高いな!って感じていた人も、「そのお金が何の為に使われているのか」を知ると、そこまで高い!とは思わなくなるみたいね。
「多少 掃除が行き届いてなくっても、管理が雑でも気にしないわ」とか、「どうせ引っ越すから」なんて理由で、管理費や積立金は安い方がいい!っていう安易な考えはおススメできないわね。管理会社にしっかり確認することがあなたの為よ!

団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)、略:団信(だんしん)

多くの金融機関で住宅ローンを組む際に加入する生命保険。

住宅ローンの被保険者が、死亡や高度障害状態になってしまったとき、住宅ローンの残金分が保険会社から金融機関に支払われるというものよ。

同じ金融機関で住宅ローンを組んでいる人が、団体で加入しているから、しっかりした内容でも通常の生命保険より比較的安価なのが特徴なの。住宅ローンの種類によっては、金利の中に保険料が、初めから組み込まれているケースもあるわ。

関連記事 ■住宅ローンって怖くない?もしも旦那様がなくなったら?!を読む→

一時金(いちじきん)

マンションを購入する際に まとめて払わなければいけないお金の総称。

支払いのタイミングは 大きく分けて3つ。契約時、引き渡し時(お部屋の鍵をもらう時)、そして月々のローン支払い

契約時には、
手付金(てつけきん):購入の意思を明確にするためのお金ね。頭金や購入代金に充当されるわ。
頭金(あたまきん):ローン借りられる状態であることを銀行に示すもの 月々のローン負担を減らすものにもなるわね。

引き渡し時には、
管理準備金、修繕積立基金、管理費等前払い金、それから 税金なんかもあるわね。
新生活には 新しいインテリアもそろえたい~って思うのが 女子だもの。

マイホーム購入時には、数十万~数百万単位のまとまったお金が必要になるわ。

この他にも中古の場合には、不動産会社の仲介手数料や司法書士に支払う手数料なども。

気が付いた時には、お財布が空っぽ!!なんてことにならないためにも、マンションの本体価格以外にも大きな出費があることを、事前にしっかりとマネープランに組み込むことが必須よ!!

関連記事 ■家を買うためには何にどのくらいお金がかかるの?を読む→

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録