結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その4

みんなの住まい事情
体験談

体験談その4

姑との同居が前提での結婚でしたが、実父の体調が思わしくなくできるだけ自分の実家に近いところに住みたかったこと、将来的に実家の家に住むことが決まっていたので、売却等を考えてマンションにしました。

体験談その4

a***さん 50代 女性 新築マンションを購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
新聞のチラシを見てマンションの内覧会に参加し、条件に会わなければその会社の他の物件を紹介してもらった。また住みたいと思う地域を回りマンションの内覧会やその地域の道路にある看板等を見て検討していました。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
南向きの部屋が多いこと。子どもの学区の環境。の2点が絶対条件でした。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
南向きの部屋が多く、南側に今後マンション等高い建物が建たない立地であることを確認していたこと。
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
結婚してからの生活イメージをしっかりとつかんでいなかったので間取りで生活の動線が悪かった。生活のシュミレーションをしておくことが大切だと思った
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
生活動線を考えて家事の時間を短縮できるように考えて購入を検討します。あとはチラシなど紙面やHPなどのうたい文句だけにとらわれず、自分の足と目で確認する。今だったらネットでたくさんの住宅情報や使い勝手のいい家などの情報もたくさんあるのでそれらを参考に間取りを考えて購入したいと思います。
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
結婚して子供が生まれた時のことまでしっかりと考えておくこと。仕事に行くための通勤経路、最寄駅、学区、幼稚園情報、スーパーなど周辺情報を確認すること。めんどくさいかもしれないけれどいろんな時間帯のそのマンション付近の環境を確認すること、子どもが生まれたら部屋で走り回っても下の家から苦情が来ないように前もってどのくらいの音なら大丈夫か内覧会等で確認するといいと思います。それをしておくことで子どもたちにも無用に怒ることが少なくすみました。環境を考えることは、南側にマンションなどが建ってしまったら日当たりが悪くなり健康被害も考えられるし、近所のトラブルで売りに出さなければいけなかったりします。また生活動線を考えておかないと家事に時間がかかってしまいます。建築中の状況もきちんと販売会社に確認しないと手抜き工事などもあります(私の入居したマンションの6・7階の住民から聞いたことですが工期が迫り突貫工事になりそれが原因で壁にクラックが入ってしまいました)また住居内の排水管の図面などを見られる方と一緒に下見などに行ったほうがいいと思います。建築関係に携わっている人と一緒に下見をすること、図面なども見てもらうことをするといいと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録