結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その9

みんなの住まい事情
体験談

体験談その9

私も結婚相手も賃貸マンションに住んでいたから。また、相手の年齢的にローンを組めるのは今のうちだと思ったから。また、ゼロ金利政策の元、住宅ローンの金利が安く、ローン減税も利用できるから。

体験談その9

エ***さん 40代後半 女性 新築マンションを購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
リクルート・スーモを中心に住宅情報サイトを見ていました。役に立ったサイトは、スーモです。情報が検索しやすく情報量も多かったためです。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
物件のよさです。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
戸建てについては「どうせ高い。そして、ペンシル型で両隣がくっついていて日当たりが悪くプライバシーも保たれない」と良いイメージがありませんでした。しかし、現在の自宅は左記の印象をすべて覆す快適な物件でした。
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
まったくありません。
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
戸建・マンション、中古・新築にこだわらずに、「住居に求める条件は何か」をしっかり固めて、それに少しでも合致する物件を探すということに留意します。また、情報は大手サイトはもちろん、小規模なサイトでもこまめにチェックします。そして、気になる物件を扱っている会社にアクセスして、生の情報を得ようと思います。
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
戸建・マンション、中古・新築ということ以前に、「自分が住戸に求めること」「数年後、10年後の家族や自分のライフスタイルはどうなっているか」をきちんと考えてから情報を探すと良いと思います。その点がしっかり固まっていないと、情報が多ければ多いほど迷うばかりで良い物件を逃すからです。また、結果的に戸建てを購入しましたが、マンションを購入する際は、一見華美なモノ(エントランスの応接スペースやコンシェルジュの存在、壁紙など)に惑わされず、10年後も価値が下がりにくいか(しっかりした作り日、信頼できる会社が施工販売しているか、価格は物件に見合っているか)等を見極めることが大切だと痛感しました。それも、何件・何十件と実際の物件をみて目を肥やすことが必要です。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録