結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その14

みんなの住まい事情
体験談

体験談その14

結婚を機に将来のことを現実的に考えはじめ、しっかりと落ち着いた人生を歩んでいくために、生活をしっかりと足元から固めたかったので、購入を考えました。

体験談その14

s***さん 40代後半 女性 新築マンションを購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
リクルートのサイトはいつも見ていました。マンション購入のための、必要情報が詳しくのっていて、買うためにはなにをそろえなければいけないか、物件の情報もとてもたくさんの種類がのっているので、範囲を決めず大きな視野で見ることができたので、とても役に立ちました。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
間取りと、実際生活したことをシュミレーションして生活導線がとても使いやすく住みやすさを感じたから。それとお値段のリーズナブルさ。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
鉄筋コンクリートの一戸建てなので、地震に強く、なにより精神的に安心できるのは、生きていくうえで一番大切なことだと思います。
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
もう少し、将来子供ができた時のことを考えて環境選びに配慮すればよかったと思います。学区内そ幼稚園や小学校が教育に手厚いかとか、ご近所付き合いが子供にとって平和かなど。
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
まずは、地震対策がちゃんとなされている建物かどうかが一番重要かと思います。そのために耐震性の構造の細かさを自分なりに勉強し、安心して納得のいく物件をえらびたい。
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
私は結局マンションではなく一戸建てを選んだのですが、最終的に自分が求めているものを客観的に落ち着いて考える必要があると思います。物件をたくさんみていけばいくほど、欲望がでてきて、自分のニーズがわけわからなくなり、業者やパートナーのいうことに流されてしまい、あとで後悔してしまわないように、自分が何を求めているかを、箇条書きにメモをとるなどして、俯瞰してみて選別するという作業が必要になってくると思います。感情的になってはいけないけれども冷静すぎても、自分に優しくない物件選びへとつながってしまうので、ちょどよい楽観的思考で取り組むのがベストかとおもいます。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録