結婚をキッカケにした新居選びを応援するまり・りび

結婚をキッカケにマンション住まいをお考えの二人をサポート

TOP > みんなの住まい事情体験談 > 体験談その17

みんなの住まい事情
体験談

体験談その17

賃貸の家賃と、住宅ローンの返済額を比較して、ローンの方が安いと感じたためです。また、いずれ子どもが生まれたときに、早めにその地域になじんでいる方がいいと思ったためです。

体験談その17

Y***さん 40代後半 女性 新築マンションを購入

■ 購入検討時にどんなサイトやどんな情報を見ていましたか。
当時はインターネットのサイトもいまほど充実していなかったので、住宅情報誌をチェックしたり、ホテルのブライダルフェアに行き、不動産屋さんのコーナーで情報収集したりしました。新築マンションのモデルルーム見学に行ったりもしました。
■ 購入を決断したのは何が決め手でしたか
モデルルームではなくて、入居する家のできあがった状態を確認でき、マンションだけど戸建感覚で暮らせること。
■ 新居選びであなたが「成功した」と思うものはありますか。
立地。駅に遠すぎず近すぎない距離で便利、幹線道路からも1本入っているので静か。電車でも車でも動きやすい。車で帰宅するときも駐車場に入りやすい(Uターンしたり一方通行で迂回したりしなくていい)
■ 新居選びであなたが「失敗した」と思うものはありますか。
キッチンが独立型でリビングの様子が見えないので、入居前に壁を抜いてもらうなど、納得のいくようにリフォームしてもらえばよかったです。
■ 今あらためて、新居を検討するとしたら、何に注意し、どんな情報をもとにしますか。
キッチンとダイニングの配置、動線を確かめます。また、家族の年齢や生活スタイルの変化に合わせて可動式の仕切りで間取りを変えたり、リフォームしたりできるかどうかを観ます。インターネットのサイトを利用することで、幅広いエリアを検索するだろうと思いますが、やはり実際に足を運んで、実物を見てたいと思います(モデルルームだけで購入するのは抵抗があるので)
■ 今新居探しをしている人にアドバイスをするとしたら何と言いますか。
生活スタイルを築く基礎なので、場所は妥協せず、納得のいくところにしたほうがいいと思います。夫は当初、車で動くから電車のことは考えていないと言っていましたが、そうなると、子どもが生まれて、ある程度の年齢になっても自力で動けず、たえず送り迎えが必要になることを力説したのを記憶しています。私自身も子どもたちも、電車、バス、自転車、自家用車と「選択」できる、今の場所にしてよかったと思っています。私が納得のいかないままだったキッチンについても、生活の基本となる場所なので、納得のいくスタイル(カウンター型やアイランド型など)をじっくり探した方がいいです。入居前に納得のいく形に変えてもらえるかどうかも確かめるといいと思います。

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録